コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬愛蔵 そうま あいぞう

2件 の用語解説(相馬愛蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬愛蔵 そうま-あいぞう

1870-1954 明治-昭和時代の実業家。
明治3年10月15日生まれ。34年上京,本郷にパン屋中村屋を開業。42年新宿に移転,経営の多角化をはかり,カリーライス,月餅(げっぺい)などで知られる新宿中村屋をきずく。妻黒光(こっこう)の文化人サロンを援助した。昭和29年2月14日死去。83歳。信濃(しなの)(長野県)出身。東京専門学校(現早大)卒。著作に「一商人として」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相馬愛蔵
そうまあいぞう
(1870―1954)

実業家。新宿中村屋の創立者。長野県生まれ。1890年(明治23)東京専門学校(現早稲田(わせだ)大学)卒業。1901年(明治34)東京・本郷にパン製造小売りの中村屋を開業。07年新宿に移転し、「カリーライス」「中華饅頭(まんじゅう)」などの独創的食品を発売、原料部門へも進出して経営を多角化した。23年(大正12)株式会社に改組。インド独立運動の志士ビハリ・ボースを保護した。夫人は相馬黒光(こっこう)[前田和利]
『相馬愛蔵著『一商人として』新版(1984・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の相馬愛蔵の言及

【相馬黒光】より

…仙台に生まれ,押川方義の影響でキリスト教徒となる。明治女学校を出て長野県の企業家で社会改良運動家相馬愛蔵と結婚するが,婚家の気風になじまず,1901年夫とともに東京に出,本郷にパン屋中村屋を開業した。はじめは苦労を重ねたが,店を新宿に移してからは東京の西郊への発展も幸いして事業はしだいに軌道に乗り,山手のインテリ層を中心に顧客をひろめた。…

※「相馬愛蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相馬愛蔵の関連キーワード山本悌二郎生田和平大隈栄一近藤寿市郎杉野喜精能見愛太郎野村洋三疋田桂太郎藤本清兵衛(2代)前田二平

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相馬愛蔵の関連情報