コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真土大塚山古墳 しんどおおつかやまこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真土大塚山古墳
しんどおおつかやまこふん

神奈川県平塚市真土にあった円墳。相模川沖積地の砂丘上にあって,径約 44m,高さ約 9.5mに築造されている。前方後円墳または前方後方墳の説もある。 1935年住民の偶然の遺物発見により調査が行われ,60年封土削平工事中に緊急調査が行われた。朱を敷いた舟底形の土槨が発見され,人骨 (歯牙顎骨) をはじめ,陳是作四神二獣鏡 (京都椿井大塚山古墳の1鏡,岡山湯迫備前車塚古墳の2鏡と同笵) ,仿製変形四獣鏡,白銅鏃 (三角式有茎尖根,木葉状式有茎平根) ,巴形銅器直刀刀子,やりがんな,楔形鉄器,玉類 (水晶の勾玉,切子玉碧玉管玉,硝子小玉) と土師器 (はじき) 片が出土している。5世紀初頭に属する古墳である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真土大塚山古墳
しんどおおつかやまこふん

神奈川県平塚市真土にあった古砂丘上の古墳。径約30メートル、高さ約8メートルの円墳と推定されるが、前方後円墳や前方後方墳とみる説もある。1935年(昭和10)石野瑛(えい)が調査。長さ約6メートル、幅2メートルの範囲から、三角縁神獣鏡1面のほか銅鏃(どうぞく)、巴(ともえ)型銅器、管玉(くだたま)、刀、刀子(とうす)、斧(おの)、鍬先(くわさき)などが検出された。1960年(昭和35)に土砂採取工事で墳丘が破壊される際に日野一郎らが調査し、粘土槨(ねんどかく)の一部を検出し、人骨、変形四獣鏡、銅鏃、水晶製勾玉(まがたま)、碧玉(へきぎょく)製管玉、ガラス製小玉、鉄器片が出土した。相模(さがみ)国(神奈川県)では最古の古墳であり、遺物のうちとくに注目されるのは三角縁神獣鏡で、同范(どうはん)鏡が京都府椿井(つばい)大塚山古墳から1面、岡山県湯迫(ゆば)車塚古墳から2面出土している。[久保哲三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の真土大塚山古墳の言及

【大塚山古墳】より

…1891年に発掘して,箱式石棺から画文帯四仏四獣鏡,銀製耳飾,金銅装眉庇(まびさし)付冑,金銅装挂甲(けいこう),刀剣,鏃など,大陸との交渉を顕著に示す副葬品を出土した。
【真土大塚山古墳】
 神奈川県平塚市真土にある4世紀後半の古墳。相模川はんらん原の砂丘上に位置し,墳形については円墳,前方後円墳,前方後方墳など諸説がある。…

※「真土大塚山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

真土大塚山古墳の関連キーワード三角縁神獣鏡神奈川(県)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android