コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真空冶金 しんくうやきんvacuum metallurgy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真空冶金
しんくうやきん
vacuum metallurgy

真空中において電気炉で溶解して冶金 (やきん) する方法。大気中の冶金に比べて,酸化による消耗やガス・非金属などの混入が少ないので,製品は品質や歩留まりが良くて信頼性が高い。大気中の溶解では添加が困難な合金金属の添加が可能であったり,成分組成の調整が容易であるので,高度の耐熱性や耐疲労性を要求されるジェットエンジン用合金,軸受け用合金,高速度鋼などの製造に応用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

真空冶金【しんくうやきん】

真空または減圧下での金属や合金などの製錬,加工。またこれに関する技術。酸化しやすい金属の処理,溶融金属の脱ガス,高純度精製(ゾーンメルティング),真空蒸着など応用範囲が広い。
→関連項目真空

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の真空冶金の言及

【冶金】より

…ハロゲン化物を製錬中間産物として利用するハロゲン冶金がチタンの製錬におけるクロール法の成功で確立し,原子力燃料の金属ウランや電子材料のケイ素の製造などに利用されている。工業規模での真空技術の進歩は蒸留分離,熱分解,脱ガスなどの技術を含む真空冶金を生み出した。鉄鋼製錬における炉外精錬法などがこの分野の一つの目ざましい応用例である。…

※「真空冶金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android