知らす(読み)シラス

デジタル大辞泉の解説

しら・す【知らす】

[動サ五(四)]知らせる」に同じ。「手紙で―・された」
[動サ下二]しらせる」の文語形

しら◦す【知らす/領らす】

[連語]《動詞「し(知)る」の未然形+上代の尊敬の助動詞「す」》「知る」の尊敬語。お治めになる。統治なさる。ご支配になる。
「皇祖(すめろき)の神の命の御代重ね天(あめ)の日継(ひつぎ)と―◦し来る君の御代御代」〈・四〇九四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらす【知らす】

( 動五[四] )
〔下二段動詞「知らす」の四段化〕 他の知るようにする。知らせる。 「要人の死を当面-・さずにおく」
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知らすの関連情報