知らす(読み)シラス

デジタル大辞泉の解説

しら・す【知らす】

[動サ五(四)]知らせる」に同じ。「手紙で―・された」
[動サ下二]しらせる」の文語形

しら◦す【知らす/領らす】

[連語]《動詞「し(知)る」の未然形+上代の尊敬の助動詞「す」》「知る」の尊敬語。お治めになる。統治なさる。ご支配になる。
「皇祖(すめろき)の神の命の御代重ね天(あめ)の日継(ひつぎ)と―◦し来る君の御代御代」〈・四〇九四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらす【知らす】

( 動五[四] )
〔下二段動詞「知らす」の四段化〕 他の知るようにする。知らせる。 「要人の死を当面-・さずにおく」
( 動下二 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知らすの関連情報