コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知らす シラス

デジタル大辞泉の解説

しら・す【知らす】

[動サ五(四)]知らせる」に同じ。「手紙で―・された」
[動サ下二]しらせる」の文語形

しら◦す【知らす/領らす】

[連語]《動詞「し(知)る」の未然形+上代の尊敬の助動詞「す」》「知る」の尊敬語。お治めになる。統治なさる。ご支配になる。
「皇祖(すめろき)の神の命の御代重ね天(あめ)の日継(ひつぎ)と―◦し来る君の御代御代」〈・四〇九四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらす【知らす】

( 動五[四] )
〔下二段動詞「知らす」の四段化〕 他の知るようにする。知らせる。 「要人の死を当面-・さずにおく」
( 動下二 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

知らすの関連キーワード引き合わせ・引き合せ知らせる・報せる柿本人麻呂世間晴れて渋谷 実たよせに手寄せに秋風女房安見知し御触れ渋谷実由無い雨乞い太敷く明けし粒粒高日夏中領く河内

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知らすの関連情報