コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知る シル

デジタル大辞泉の解説

し・る【知る】

[動ラ五(四)]
物事の存在・発生などを確かにそうだと認める。認識する。「おのれの非を―・る」「ニュースで事件を―・った」
気づく。感じとる。「昨夜の地震は―・らなかった」「―・らずに通り過ぎる」
物事の状態・内容・価値などを理解する。把握する。さとる。「物のよしあしを―・っている」「世界の人口はどのくらいか―・っていますか」
忘れずに覚えている。記憶する。また、物事に通じている。「昔を―・っている人」「内部の事情をよく―・っている者の犯行らしい」
経験する。体験して身につける。「酒の味を―・る」「世の中の苦労を―・らない」
学んで、また、慣れて覚える。「フランス語なら、少し―・っている」
付き合いがある。知り合いである。面識がある。「―・っている人に会う」「―・った顔ばかり」
(多く、打消しや反語を伴って用いる)そのことにかかわって責任を持つ。関知する。「私の―・ったことではない」
(「領る」「治る」とも書く)
㋐領有する。所有する。
「春日の里に―・るよしして」〈伊勢・一〉
㋑支配する。治める。
「汝が御子やつひに―・らむと雁は卵(こ)産(む)らし」〈・下・歌謡〉
10 世話をする。
「また―・る人もなくて漂はむことのあはれに避(さ)りがたうおぼえ侍りしかば」〈・柏木〉
[可能]しれる
[動ラ下二]し(知)れる」の文語形。
[下接句]過ちを観(み)て斯(ここ)に仁を知る井の中の蛙(かわず)大海を知らずいざ知らず衣食足りて礼節を知る一を聞いて十を知る一葉落ちて天下の秋を知る一丁字(いっていじ)を識(し)らず易者身の上知らず燕雀(えんじゃく)安(いずく)んぞ鴻鵠(こうこく)の志を知らんや男を知る親の心子知らず女を知る嘉肴(かこう)ありと雖(いえど)も食らわずんばその旨(うま)きを知らず歌人は居ながらにして名所を知る臭い物身知らず怖いもの知らず疾風に勁草(けいそう)を知る倉廩(そうりん)実(み)ちて礼節を知る誰(たれ)か烏(からす)の雌雄(しゆう)を知らんや手の舞い足の踏む所を知らず天知る、地知る、我知る、子(し)知る天命を知る年寒くして松柏(しょうはく)の凋(しぼ)むに後るるを知る情けを知る汝(なんじ)自らを知れ恥を知る世に知られる論語読みの論語知らず我が身を抓(つね)って人の痛さを知れ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知るの関連キーワード嘉肴ありと雖も食らわずんばその旨きを知らず衣食足れば則ち栄辱を知る己を知りうる者は賢者なり子を見ること親に如かずフィルムカウンター一を以て万を知る足る事を知る知る由も無いもんですか身を知る雨足るを知る温故知新一般分析潜血反応栄養指標伝え聞き平衡感覚身体計測一切種智御御籤

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知るの関連情報