コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知覧 ちらん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知覧
ちらん

鹿児島県南西部,南九州市中部の旧町域。薩摩半島の南部に位置し,南は東シナ海に臨む。 1932年町制。 2007年頴娃町,川辺町の2町と合体して南九州市となった。中心地区は江戸時代の集落で,郷士の屋敷が多く,国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。知覧茶の産地で知られ,県農業開発総合センターの茶業部などの施設がある。十五夜に行なわれるソラヨイは,南薩摩の十五夜行事として国の重要無形民俗文化財に指定。 1942年陸軍飛行場が設置され,第2次世界大戦中は特攻隊の出撃基地であり,基地跡には特攻平和観音がまつられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

知覧
ちらん

鹿児島県薩摩(さつま)半島の南部、川辺(かわなべ)郡にあった旧町名(知覧町(ちょう))。現在は南九州市の中央部を占める。旧知覧町は1932年(昭和7)町制施行。2007年(平成19)川辺町と揖宿(いぶすき)郡頴娃(えい)町と合併、市制施行して南九州市となった。これにより川辺郡は消滅した。知覧の名は古代の倉院、知覧院に由来。旧町域は細長く、北東は鹿児島市、南西は枕崎(まくらざき)市と接し、海岸沿いにJR指宿(いぶすき)枕崎線と国道226号が通じる。藩政時代、佐多氏の私領として麓(ふもと)集落が整備された。御仮屋(おかりや)(政庁)を中心とした美しい庭園(国名勝)をもつ武家屋敷群は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。茶と畜産を中心とする農業が盛んで、とくに茶栽培の歴史は古く、知覧茶として名高い。県立茶業試験場、種苗管理センターがある。第二次世界大戦中は木佐貫原(きさぬきばる)台地に陸軍の飛行場が建設され、特攻隊の基地となった。1955年(昭和30)飛行場跡の一角に特攻平和観音堂が建立された。十五夜に行われるソラヨイは国重要無形民俗文化財、豊玉姫(とよたまひめ)神社の六月灯(7月9日)に催される水車カラクリは選択無形民俗文化財である。[平岡昭利]
『『知覧町郷土史』(1982・知覧町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

知覧の関連キーワード重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)知覧特攻基地と知覧特攻平和会館鹿児島県南九州市知覧町永里知覧傘提灯(ちょうちん)鹿児島県南九州市知覧町郡かごしま知覧茶,知覧茶地域団体商標登録制度知覧特攻平和会館ホタル館富屋食堂川辺(鹿児島県)ミュージアム知覧鹿児島県南九州市神風特別攻撃隊知覧 武家屋敷ちらん ほたる南九州(市)南九州[市]赤【さき】勇知覧武家屋敷児玉飛行場

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知覧の関連情報