コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井眞木 いしいまき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石井眞木
いしいまき

[生]1936.5.28. 東京,東京
[没]2003.4.8. 千葉,柏
作曲家。日本の現代舞踊の父といわれた石井漠の三男として生まれた。長兄は作曲家の石井歓。伊福部昭に師事し,1958年ドイツのベルリン国立音楽大学作曲科に留学。当初,前衛的な 12音音楽による作曲を手がけ,ダルムシュタットで「現代音楽のための夏期講座」に参加。1962年に帰国後,徐々に日本や東洋の伝統音楽を取り込み,東西を融合した独創性あふれる作品群を発表していった。代表作に和太鼓とオーケストラのための『モノプリズム』(1976),交響詩『祇王』(1984),バレエ『輝夜姫(かぐやひめ)』(1985,イリ・キリアン振り付け),雅楽『紫響』(1970),声明『蛙の声明』(1984)など。映画音楽に『帝都物語』(1988)がある。海外での評価も高く,ドイツ批評家賞を受賞,ベルリン芸術週間で「石井眞木コンサート」が組まれた。ひげを蓄えた風貌と精力的な行動力で人をひきつけた。遺作の交響詩『幻影と死』は 2003年7月,親交のあったゲルト・アルブレヒトの指揮で読売日本交響楽団によって初演された。1976年尾高賞,1999年紫綬褒章などを受けた。(→現代音楽

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

石井眞木の関連キーワードマキノ雅広斎藤寅次郎清水宏スペイン内戦山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門バラングルートヘニー数学基礎論ソビエト連邦憲法

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石井眞木の関連情報