コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石切 いしきり

2件 の用語解説(石切の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石切
いしきり

大阪府東大阪市東部の地区。生駒山地西麓の辻子谷 (ずしだに) 扇状地上に位置。生駒石の採石加工地として知られ,地名もこれに由来。採石業者と造園業者が多い。石切剣箭 (いしきりつるぎや) 神社は俗に石切さんと呼ばれ,古来はれもの治癒の神として参詣者が多く,社前は門前集落をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石切
いしきり

大阪府中東部、東大阪市の一地区。生駒(いこま)山地の西麓(せいろく)、辻子谷(ずしだに)の扇状地に位置する。地名は生駒山の石(生駒石)を切り出したことに由来し、大坂城築造の石もここから搬出したと伝えられる。いまも石材業者や庭師が多い。古くから開けた地で、日下(くさか)貝塚や延喜(えんぎ)式内社の石切剱箭(つるぎや)神社がある。できものに霊験があるといわれ、参詣(さんけい)者が多い。近畿日本鉄道奈良線石切駅との間は小門前町をなし、薬種店が並ぶ。神社の近くには11体の人骨が発見された大藪(おおやぶ)古墳がある。そのほか、近畿日本鉄道けいはんな線新石切駅がある。[位野木壽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の石切の言及

【石工】より

…石の切出し(採石),石の加工,石垣の造営などをする職人。〈せっく〉〈せっこう〉ともいい,また石作(いしつくり),石屋,石大工,石切,石方ともいう。古墳石室や神籠石(こうごいし)の精巧な仕上げは専門の工人の存在を推測させることから,古墳時代には存在したと思われる。…

※「石切」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石切の関連キーワード大阪府東大阪市荒本北大阪府東大阪市今米大阪府東大阪市宝町大阪府東大阪市東石切町大阪府東大阪市大阪府東大阪市東上小阪大阪府東大阪市東豊浦町大阪府東大阪市東山町大阪府東大阪市水走大阪府東大阪市吉原

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石切の関連情報