コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢野恒太 やのつねた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢野恒太
やのつねた

[生]慶応1(1865).12.2. 岡山
[没]1951.9.23. 東京
実業家。生命保険事業先駆者。 1889~92年,日本生命保険会社に保険医として勤務。利益があれば被保険者に還元する「非射利主義」的生命保険事業を志し,94年安田善次郎の支持を得て,共済生命保険合資会社設立。その後 1902年第一生命保険相互会社を設立し,15年9月に社長,38年会長。保険事業のパイオニアとしての功績が大きい。著書『ポケット論語』 (1907) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野恒太 やの-つねた

1866*-1951 明治-昭和時代前期の実業家。
慶応元年12月2日生まれ。ドイツで保険制度をまなび,農商務省にはいって保険業法の制定につくす。明治35年日本初の相互保険会社である第一生命保険を創立し専務,のち社長,会長。昭和2年刊の「日本国勢図会(ずえ)」は年鑑として今日までひきつがれている。昭和26年9月23日死去。85歳。備前(岡山県)出身。第三高等中学校医学部(現岡山大)卒。著作はほかに「生命保険」「国民数表」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢野恒太
やのつねた
(1866―1951)

大正・昭和前期の実業家。相互会社による生命保険の先駆者。岡山県出身。第三高等中学校(岡山大学の前身)医学部卒業後、保険医を経て共済生命保険の支配人となり、ドイツに留学して、生命保険業は相互会社として経営さるべきものとの信念をもつ。帰国後、農商務省に入り、保険業法の制定(1900)に尽力し、退官して自ら1902年(明治35)第一生命保険相互会社を創立、専務取締役となる。のち1915年(大正4)社長。同社の成功によって相互会社による生命保険の長所が立証された。『論語』による経営理念の普及、結核の予防、郊外住宅地(田園調布)の開発などにも貢献した。また、著作も多く、中でも統計データブック『日本国勢図会(ずえ)』(1927)はその後も財団法人矢野恒太記念会によって刊行が続けられている。[由井常彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の矢野恒太の言及

【生命表】より

…このほか,生命表には年齢各歳別の数値で示した完全生命表,年齢5歳階級別の簡易生命表がある。日本で最初の公式な完全生命表は,1902年矢野恒太(1865‐1951。第一生命保険相互会社の創立者)によって作られた第1回生命表である。…

【第一生命保険[相互会社]】より

…日本生命保険に次ぐ業界第2位の生命保険会社。1902年,矢野恒太(1865‐1951)により日本で最初の相互組織の生命保険会社として設立された。矢野は若いときから非営利・会員組織の相互主義による生命保険会社の必要性を唱え,保険業法(1900公布)の起草に参画し,みずから同法の理念に基づき会社を設立した。…

※「矢野恒太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

矢野恒太の関連キーワード第一生命保険[相互会社]第一生命保険(株)岡山(県)石坂泰三矢野一郎生命表

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android