コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石垣原 いしがきばる

4件 の用語解説(石垣原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石垣原
いしがきばる

別称鶴見原 (つるみばる) 。大分県中部,別府市域の中央,大平山 (扇山) 東麓から別府湾西岸に広がる扇状地鶴見岳爆発の際の泥流によって形成されたと考えられる。扇央に溶岩円頂丘 (鐘状火山) の実相寺山がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いしがきばる【石垣原】

大分県別府市の中央部,鶴見岳東麓に広がる扇状地で,扇端部は直接別府湾に接する。鶴見原ともいう。春木川,境川,朝見川の形成する扇状地およびその周辺には別府八湯があって,日本最大の温泉地帯をなす。明治中期までは自然湧出泉のみであったが,扇状地内での温泉掘削は1970年代からとくに進んできている。九州横断道路が扇状地の中央部を貫通し,付近の住宅地化が著しい。この地は1600年(慶長5)大友義統黒田孝高に敗北し,大友氏が滅亡することになった古戦場としても有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県〕石垣原(いしがきばる)


大分県別府(べっぷ)市中央部の扇状地。鶴見(つるみ)岳(標高1375m)東麓(とうろく)から別府湾西岸に広がる。鶴見原(ばる)とも。古い鶴見火山の爆発による泥流で形成された火山性扇状地。一帯は別府(鶴見)八湯で知られる日本有数の温泉地帯。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石垣原
いしがきばる

大分県別府市の中北部にある火山性扇状地。旧鶴見(つるみ)層状火山爆裂による残片と考えられる大平(おおひら)山(扇(おうぎ)山。792メートル)の東麓(とうろく)に広がり、形成はこの旧鶴見層状火山の泥流である。地名は、開発に際して岩礫(がんれき)を取り除いて垣をつくったことにちなむという。中世石垣庄(しょう)、近世石垣村があった。近年温泉掘削と住宅地化が扇央全面に及び、畑と松林は一部に残るだけとなった。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石垣原の関連キーワード大分県別府市乙原大分県別府市城島大分県別府市北浜大分県別府市中央町大分県別府市鶴見大分県別府市鶴見園町大分県別府市野田大分県別府市別府大分県別府市元町大分県別府市柳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石垣原の関連情報