コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石戈 せっか

3件 の用語解説(石戈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石戈
せっか

石製ので,弥生時代磨製石器の一種。かつてはクリス形石剣と呼ばれた。断面菱形の身,やや斜めにつくられた関 (まち) ,身のもとの部分の双孔,短い茎 (なかご) など,銅戈を忠実に模してつくられたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっか【石戈】

武器形祭器としての銅戈を模倣して作った磨製石器で,弥生時代の前期末ごろから北九州地方を中心に分布している。その祖形が朝鮮半島にも見当たらないことから,日本で独自に発達した石器である。かつては銅剣を模したものと考えられたことがあり,クリス形石剣と呼ばれたことがある。石戈の形は,身に鎬(しのぎ)があって断面が菱形をし,基部に近い部分が広がってやや斜めになり,そこへ扁平な茎(なかご)が作り出されている。身の基部近くには,鎬をはさんで2孔がうがたれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石戈
せっか

弥生(やよい)時代に、銅戈(青銅製の武器)をまねて石でつくった戈(か)をいう。北九州地方に濃密に分布し、関西から関東にかけて散在している。九州の石戈は援(えん)(戈の刃部)の断面が菱(ひし)形である。関西以東の石戈は援に2本の樋(ひ)を表現するものがある。両者間の形態上の相違は、両者が無関係に生成したものであることを示している。九州では、弥生前期末に銅戈が舶載されると、ただちに石戈の製作が開始された。関西以東では、弥生中期後半以降に製作され始めた。[田村晃一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone