石膏ボード(読み)せっこうボード(英語表記)gypsum board

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石膏ボード
せっこうボード
gypsum board

焼き石膏を主原料とし,おが屑,ガラス繊維パーライトなどを混合し,場合によっては発泡剤を加えたうえ,水で練ってペースト状にしたものを,2枚のボード用原紙 (またはシート) の間に流し込み,板状に固めたもの。 1902年アメリカで発明され,日本では 21年から生産が始った。「平ボード」として天井に用いられて防火材の役割をもっているほか,「ラスボード」として穴をあけ壁の下地材料に使う。また「吸音ボード」は音響吸収性があり,内装壁用には表面に印刷かプラスチック塗装をした「化粧石膏ボード」がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

リフォーム用語集の解説

石膏ボード

焼石こうを主原料とした心材の両面をボード用原紙で被覆して板状に圧延成型したもの。防火性、遮音性、施工性などに優れ、安価であるため、壁・天井下地材などに広く使用されている。厚さ12.5mmのボードは不燃材、9.5mmのボードは準不燃材として認定されている。

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

せっこうボード【石膏ボード】

焼き石膏に鋸屑のこぎりくず・パーライトなどを混ぜ、水で練り合わせたものを厚紙にはさんで板にしたもの。防火性・耐熱性・耐久性があり、壁・間仕切り・天井などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

せっこうボード【石膏ボード】

2枚の厚紙の間に水で練った焼き石膏を流し込み、板状に固めた建築材料。壁・天井材として普及している。水や湿気に弱いが、価格が安く、耐火性・遮音性にすぐれる。厚さは9.5mmまたは12.5mmのものが一般的。◇「プラスターボード」ともいう。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せっこう‐ボード セキカウ‥【石膏ボード】

〘名〙 (ボードはboard) 焼石膏に木屑や軽量骨材を混入し、両面に厚紙を張って成板したもの。天井・壁面張りなどに用いる。〔新住居入門(1963)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石膏ボードの関連情報