コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石膏ボード せっこうボード gypsum board

5件 の用語解説(石膏ボードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石膏ボード
せっこうボード
gypsum board

焼き石膏を主原料とし,おが屑,ガラス繊維,パーライトなどを混合し,場合によっては発泡剤を加えたうえ,水で練ってペースト状にしたものを,2枚のボード用原紙 (またはシート) の間に流し込み,板状に固めたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せっこう‐ボード〔セキカウ‐〕【石×膏ボード】

焼き石膏に鋸屑(のこぎりくず)やパーライトなどの軽量材を約10パーセント混入し、両面に厚紙を張って板にしたもの。天井・壁張りなどに使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

石膏ボード

焼石こうを主原料とした心材の両面をボード用原紙で被覆して板状に圧延成型したもの。防火性、遮音性、施工性などに優れ、安価であるため、壁・天井下地材などに広く使用されている。厚さ12.5mmのボードは不燃材、9.5mmのボードは準不燃材として認定されている。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せっこうボード【石膏ボード】

焼き石膏に鋸屑のこぎりくず・パーライトなどを混ぜ、水で練り合わせたものを厚紙にはさんで板にしたもの。防火性・耐熱性・耐久性があり、壁・間仕切り・天井などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

せっこうボード【石膏ボード】

2枚の厚紙の間に水で練った焼き石膏を流し込み、板状に固めた建築材料。壁・天井材として普及している。水や湿気に弱いが、価格が安く、耐火性・遮音性にすぐれる。厚さは9.5mmまたは12.5mmのものが一般的。◇「プラスターボード」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石膏ボードの関連キーワードインシュレーションボード楯の両面を見よ銅貨ラスボード盾の両面を見よハニカムボード仕込み水ライウイスキー石こうラスボードプラスターボード(PB)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石膏ボードの関連情報