コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂浴 さよく sand bath

翻訳|sand bath

3件 の用語解説(砂浴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砂浴
さよく
sand bath

乾燥した砂をガスバーナや電気ヒータで加熱し,熱くなった砂で間接的に器物を加熱する器具。温度の調節は困難であるが,簡便で比較的均一な加熱を行うことができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さ‐よく【砂浴】

実験の際などに、砂を熱の媒体として間接に加熱すること。鉄製の浅い皿などに砂を入れ、物体を砂の上に置くか砂中に埋めて熱する。
鳥類がダニなどの外部寄生虫を取るため、砂や土を羽毛にかけること。すなあび。
温泉熱などを利用した熱い砂に浴すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さよく【砂浴】

砂を用いて間接に加熱すること、またはその装置。実験室では鉄製の皿に乾燥した砂を盛り、その上に物をのせて加熱する。熱の伝導が緩慢化・均一化されて、突沸や破損を防ぐことができる。
砂風呂のこと。
鳥類が、羽虫などを取り除くため、砂を掘って羽をすりつけたり、砂を浴びたりすること。すなあび。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

砂浴の関連キーワード砂原砂・沙・砂子砂・沙砂床デューン/砂漠の救世主デューン/砂漠の神皇帝デューン/砂漠の異端者砂田町砂塚山砂(砂)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

砂浴の関連情報