砂浴(読み)さよく(英語表記)sand bath

翻訳|sand bath

デジタル大辞泉の解説

さ‐よく【砂浴】

実験の際などに、砂を熱の媒体として間接に加熱すること。鉄製の浅い皿などに砂を入れ、物体を砂の上に置くか砂中に埋めて熱する。
鳥類がダニなどの外部寄生虫を取るため、砂や土を羽毛にかけること。すなあび。
温泉熱などを利用した熱い砂にすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さ‐よく【砂浴】

〘名〙
① 高温の加熱に用いる砂を入れた皿。バーナーの炎で直接にガラス器具をあたためると破損する危険がある場合用いられるもの。乾燥した砂を入れた薄い鉄皿(砂皿)を介して加熱すると、砂粒の間の空気のため伝熱が緩衝され、危険なく均一の加熱ができ、また、水浴よりもずっと高温にすることができる。〔稿本化学語彙(1900)〕
② 鳥類に見られる独特の行動。乾いた細砂や泥の上で体の羽毛をふくらませ、翼や脚を使って羽毛の間に土砂を入れるようにする。そして、はげしく身を震わせて土砂をふりおとす。この行動の意味ははっきりしないが、外部寄生虫を取るのだろうといわれる。砂浴び。
③ 海浜の温泉熱や砂による刺激を利用した療法。砂風呂。

すな‐あび【砂浴】

〘名〙 鳥獣が、乾燥した砂を体にあびせて、体についた虫などをとること。砂をあびること。さよく。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

砂浴
サヨク
sand bath

実験室用の加熱器具の一種.薄い鉄板でつくった皿に砂を入れ,これに目的物を埋めて下から加熱する方式の浴で,徐々に加熱して簡単に高温を得たいとき用いる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android