砂風呂(読み)スナブロ

百科事典マイペディアの解説

砂風呂【すなぶろ】

温泉の蒸気で暖まっている砂の上に横たわって暖をとる浴法。軽装のまま横臥(おうが),首から下全身に砂をかぶせ30分前後暖まる。リウマチ,婦人病等によいとされ,鹿児島県の指宿(いぶすき)温泉は有名。
→関連項目風呂

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すなぶろ【砂風呂】

温泉の湧出する砂浜などで全身を砂中に埋めて蒸し温める方法で,鹿児島県指宿(いぶすき)では〈天然砂蒸し温泉〉,大分県別府では〈砂湯〉(古くは沙湯)と称する。特に指宿では摺ヶ浜(すりがはま)を中心に汀線近くに泉源があり,南北約1kmにわたる砂浜で砂浴が可能である。温度は最高85℃で,浴衣に着替えて利用するが,砂浴の温度は砂の掘り下げぐあいによって調節でき,1回の砂浴は10~15分が適当とされる。泉質はアルカリ性食塩泉で胃腸病,神経痛,婦人病,冷え症,リウマチ等に効用があるという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すなぶろ【砂風呂】

海浜の温泉熱によって熱くなった砂に埋まって体を温めること。指宿いぶすき温泉のものなどが有名。砂湯。砂蒸し。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂風呂の関連情報