コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶏冠石 けいかんせき realgar

翻訳|realgar

6件 の用語解説(鶏冠石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶏冠石
けいかんせき
realgar

リアルガーともいう。 AsS。ヒ素の硫化物を主成分とする鉱物。単斜晶系の短柱状晶。比重 3.56,硬度 1.5~2。ヒ素採掘の重要な鉱床になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

けいかん‐せき〔ケイクワン‐〕【鶏冠石】

砒素(ひそ)硫黄からなる鉱物。赤色、橙黄色で樹脂光沢のある単斜晶系短柱状結晶。昔は花火の材料に用いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鶏冠石【けいかんせき】

脂肪光沢で,鶏冠(とさか)のように赤色またはだいだい色を示す透明〜半透明な鉱物。単斜晶系。産状は柱状の小結晶が集合した塊状が多い。硬度は1.5〜2,比重3.56,へき開しやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

けいかんせき【鶏冠石 realgar】

化学組成はAsS。単斜晶系に属し,短柱状結晶をなす鉱物。透明紅色ないし橙色を呈し,脂肪光沢をもつ。鶏冠のようにあざやかな紅色にちなみ名付けられた。比重3.48,モース硬度1.5~2。へき開は{010}に良好。長時間光にさらされるとAs2S3とAs2O3の混合物に分解し黄橙色粉末になる。低温熱水鉱脈,火山昇華物,温泉沈殿物中に含まれて産出し,しばしば輝安鉱Sb2S3,石黄As2S3を伴う。日本では群馬県西牧鉱山北海道手稲鉱山,青森県恐山が産地として有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けいかんせき【鶏冠石】

ヒ素の硫化鉱物。単斜晶系。鮮赤色で樹脂状光沢があり、柱状結晶の集合体として鉱脈中に産出することが多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶏冠石
けいかんせき
realgar

ヒ素(As)の鉱石鉱物の一つ。人工的につくられたα(アルファ)-As4S4に対応する。同質異像関係にあるパラ鶏冠石はγ(ガンマ)-As4S4に対応する。β(ベータ)-As4S4に相当する鉱物相は、化学組成がAs4S4に近い部分ではベータ鶏冠石(αの高温相。転移点250℃)、As8S9に近い部分ではアラクラン石とよばれているが、β相関係相の命名に関しては現在多少の不一致点がある。噴気性鉱床、ある種の浅~深熱水性鉱床、火山噴気孔、石炭層、再結晶苦灰岩、ホウ酸塩を含む堆積(たいせき)岩中などに産し、単斜柱状の自形結晶をなす。日本の産地としては、群馬県下仁田(しもにた)町西ノ牧鉱山(閉山)が有名。かつて三重県多気郡勢和(せいわ)村(現、多気町)丹生(にう)鉱山(閉山)では水銀鉱石中に石黄(せきおう)(雄黄)とともに産した。空気中で熱すると、有毒な三酸化二ヒ素の白煙を発生する。和名は、その色が鶏(とり)の鶏冠(とさか)を連想させることにちなむ。英名は、アラビア語のRahj al ghar(鉱石の粉末)に由来するとされている。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鶏冠石の言及

【雄黄】より

…化学成分As2S3の鉱物。雄黄という和名は,本来鶏冠石の別称であり,orpimentに対しては,雌黄(しおう)または石黄(せきおう)の名称を使用するのが望ましいとされている。レモン黄色透明で,脂肪光沢,へき開面は真珠光沢をもつ。…

※「鶏冠石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鶏冠石の関連キーワード硝石水マンガン鉱透輝石藍鉄鉱緑泥石カリ長石単斜輝石オンファス輝石ピジョン輝石ローソナイト