コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶏冠石 けいかんせきrealgar

翻訳|realgar

百科事典マイペディアの解説

鶏冠石【けいかんせき】

脂肪光沢で,鶏冠(とさか)のように赤色またはだいだい色を示す透明〜半透明な鉱物。単斜晶系。産状は柱状の小結晶が集合した塊状が多い。硬度は1.5〜2,比重3.56,へき開しやすい。組成はAsSで,日光に当たると,黄色粉末の雄黄に変化する。群馬県西牧鉱山,北海道手稲鉱山などから美晶を産した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいかんせき【鶏冠石 realgar】

化学組成はAsS。単斜晶系に属し,短柱状結晶をなす鉱物。透明紅色ないし橙色を呈し,脂肪光沢をもつ。鶏冠のようにあざやかな紅色にちなみ名付けられた。比重3.48,モース硬度1.5~2。へき開は{010}に良好。長時間光にさらされるとAs2S3とAs2O3の混合物に分解し黄橙色粉末になる。低温熱水鉱脈,火山昇華物,温泉沈殿物中に含まれて産出し,しばしば輝安鉱Sb2S3,石黄As2S3を伴う。日本では群馬県西牧鉱山,北海道手稲鉱山,青森県恐山が産地として有名である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けいかんせき【鶏冠石】

ヒ素の硫化鉱物。単斜晶系。鮮赤色で樹脂状光沢があり、柱状結晶の集合体として鉱脈中に産出することが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶏冠石
けいかんせき
realgar

ヒ素(As)の鉱石鉱物の一つ。人工的につくられたα(アルファ)-As4S4に対応する。同質異像関係にあるパラ鶏冠石はγ(ガンマ)-As4S4に対応する。β(ベータ)-As4S4に相当する鉱物相は、化学組成がAs4S4に近い部分ではベータ鶏冠石(αの高温相。転移点250℃)、As8S9に近い部分ではアラクラン石とよばれているが、β相関係相の命名に関しては現在多少の不一致点がある。噴気性鉱床、ある種の浅~深熱水性鉱床、火山噴気孔、石炭層、再結晶苦灰岩、ホウ酸塩を含む堆積(たいせき)岩中などに産し、単斜柱状の自形結晶をなす。日本の産地としては、群馬県下仁田(しもにた)町西ノ牧鉱山(閉山)が有名。かつて三重県多気郡勢和(せいわ)村(現、多気町)丹生(にう)鉱山(閉山)では水銀鉱石中に石黄(せきおう)(雄黄)とともに産した。空気中で熱すると、有毒な三酸化二ヒ素の白煙を発生する。和名は、その色が鶏(とり)の鶏冠(とさか)を連想させることにちなむ。英名は、アラビア語のRahj al ghar(鉱石の粉末)に由来するとされている。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鶏冠石の言及

【雄黄】より

…化学成分As2S3の鉱物。雄黄という和名は,本来鶏冠石の別称であり,orpimentに対しては,雌黄(しおう)または石黄(せきおう)の名称を使用するのが望ましいとされている。レモン黄色透明で,脂肪光沢,へき開面は真珠光沢をもつ。…

※「鶏冠石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android