コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破提宇子 はだいうす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

破提宇子
はだいうす

「はでうす」「はぜうす」とも読む。提宇子は Deus (神,天主) のあて字。キリシタン興隆期の日本人イルマン (伊留満) として名高いハビアンが,伝道書『妙貞問答』を著わしたのち翌年か翌々年の慶長 12 (1607) 年頃に棄教して,元和6 (20) 年正月に著わしたキリシタン批判の書。その批判の理論は『妙貞問答』の主張の論理のまったくの裏返しであり,その間に内面的,思想的発展はみられない。しかし一書にまとめられた反キリシタン書としては最初のものであり,かつて教会内部にあった者の著書であるため内容的にもすぐれており,当時の知識人のキリシタン理解の程度を知りうるとともに,のちの排耶書に素材と論点とを与えた点で,無視しえぬ史料的価値をもつ。 G.エリソンの英訳がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はだいうす【破提宇子】

キリシタンの神,提宇子(デウスDeusの当て字)を論破するの意で,棄教した元イエズス会イルマン,ハビアン(不干斎)が,将軍徳川秀忠へ献上するために著したもの。〈はでうす〉とも。著作地は長崎,刊行は1620年(元和6)。キリシタン時代の日本人が著した唯一の反キリシタン書で,後年の排耶書に素材を与え,幕末・明治期に復刊されるなど,影響は大きい。《日本思想大系》25所収。【井手 勝美】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はだいうす【破提宇子】

キリシタン批判書。1620年刊。もとイエズス会士である日本人ハビアンの著。禅僧からキリシタンとなったハビアンが棄教後、キリスト教排撃のため執筆。はデウス。

はデウス【破提宇子】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の破提宇子の言及

【破提宇子】より

…キリシタンの神,提宇子(デウスDeusの当て字)を論破するの意で,棄教した元イエズス会イルマン,ハビアン(不干斎)が,将軍徳川秀忠へ献上するために著したもの。〈はでうす〉とも。著作地は長崎,刊行は1620年(元和6)。キリシタン時代の日本人が著した唯一の反キリシタン書で,後年の排耶書に素材を与え,幕末・明治期に復刊されるなど,影響は大きい。《日本思想大系》25所収。【井手 勝美】…

※「破提宇子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

破提宇子の関連キーワードグラナダ(Fray Luis de Granada)ファビアン禅僧

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android