コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸鉛 りゅうさんなまりlead sulfate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫酸鉛
りゅうさんなまり
lead sulfate

(1) 硫酸 (II)  化学式は PbSO4 。天然には硫酸鉛鉱として産出する。水に難溶性の無色粉末。有毒。比重 6.2,融点 1170℃。水酸化ナトリウム,酢酸アンモニウム溶液に可溶,希酸には溶けにくい。白色顔料,鉛蓄電池などに使用される。 (2) 硫酸鉛 (IV)  化学式は Pb(SO4)2

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅうさん‐なまり〔リウサン‐〕【硫酸鉛】

硫酸塩酸化数ⅡとⅣの化合物がある。硫酸鉛Ⅱは天然に硫酸鉛鉱として産出。水に難溶。鉛蓄電池が放電しきると、極板に結晶が析出する。化学式PbSO4 硫酸塩Ⅳは黄色い粉末状の結晶。鉛電極で硫酸を電気分解すると得られる。化学式Pb(SO42

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうさんなまり【硫酸鉛 lead sulfate】

鉛の硫酸塩で,鉛の酸化数IIとIVの化合物が知られている。
[硫酸鉛(II)]
 化学式PbSO4。天然には硫酸鉛鉱として産する。鉛(II)化合物の水溶液に硫酸または硫酸アルカリ,硫酸アンモニウムなどを加えると白色粉末状の沈殿として得られる。ゆがんだ岩塩型構造をもつ斜方晶系に属する結晶。単斜晶系のものもある。融点は1100~1200℃で,1000℃付近から徐々に分解する。密度は6.2g/cm3。水には難溶で,0℃で2.8×10-3g/100gH2O程度の溶解度を示す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫酸鉛
りゅうさんなまり
lead sulfate

鉛の硫酸塩。酸化数の塩が知られる。
(1)硫酸鉛() 化学式PbSO4、式量303.3。硫酸鉛鉱として産出。鉛()塩の水溶液に可溶性の硫酸塩水溶液を加えて得られる。水に難溶、エタノール(エチルアルコール)に不溶、濃硫酸にわずかに溶ける。水酸化アルカリに溶け、アルカリ性が強いと酸化鉛()になる。アンモニウム塩水溶液に溶ける。硫酸水素鉛()一水和物Pb(HSO4)2H2Oは硫酸中で鉛の電極を用いて電解し、陽極液を濃縮して得られる。
(2)硫酸鉛() 化学式Pb(SO4)2、式量399.3。酢酸鉛()に濃硫酸を作用させるか、鉛電極を用いて硫酸浴中で注意して電気分解する。黄色の結晶性粉末。乾いた空気中で安定であるが、水分により分解して酸化鉛()PbO2となる。
 塩基性塩の一つとしての塩基性硫酸鉛3PbOPbSO4H2Oは酸化鉛()PbOを酢酸少量と硫酸で処理し、水酸化ナトリウムで微アルカリ性にして沈殿させて得る。白色の微粉末。ポリ塩化ビニル樹脂の安定化剤として用いられる。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の硫酸鉛の言及

【殺菌剤】より

…眼科の点眼薬や耳鼻科でアフタなどの治療に使われる。酸化亜鉛は軟膏用に,硫酸鉛は農薬用殺菌剤として使われる。また固型セッケンに添加して殺菌効果をもたせるための薬剤として,ヘクサクロロフェン(G‐11)やテトラメチルチウラムジスルフィドあるいはビチオノールなどがある。…

※「硫酸鉛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

硫酸鉛の関連キーワード硫酸鉛鉱(データノート)硫酸鉛(データノート)モリブデートオレンジサルフェーション水酸化ナトリウムスコットランド石硫酸アンモニウムクロムイェローベイルドン石ビューダン石硫酸塩鉱物ボレオ石コーク石斜方晶系白色顔料単斜晶系酸化鉛水溶液鉛室法硫酸化

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android