コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸ミスト りゅうさんミストsulfuric acid mist

4件 の用語解説(硫酸ミストの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫酸ミスト
りゅうさんミスト
sulfuric acid mist

大気中に浮遊する硫酸 H2SO4ミスト。粒径1~10μm程度で,3μm以下が多いとされる。大気中の亜硫酸ガス SO2 が,紫外線により光化学的合成を起して無水硫酸 SO3 となり,水蒸気と結合する場合,あるいは SO2 が水滴に吸収されて生成する場合がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅうさん‐ミスト〔リウサン‐〕【硫酸ミスト】

大気中に含まれる霧状の硫酸。工場の排煙に含まれる二酸化硫黄が酸化されて生じるほか、ディーゼルエンジン排気ガスなどに含まれる。光化学スモッグ酸性雨の原因となる大気汚染物質の一つ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうさんミスト【硫酸ミスト】

霧状になった硫酸、または硫酸を含む水滴などの微粒子が、大気中に浮遊したもの。酸性雨の原因の一つと考えられる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫酸ミスト
りゅうさんみすと
sulfuric acid mist

硫酸が霧状になって大気中に拡散したもので、大気汚染物質の一つ。工場からの排煙に含まれる二酸化硫黄(いおう)などが酸化され、水分を吸収して生じ、また硫酸製造、金属表面処理、蓄電池製造、肥料製造、めっきその他など各種の製造過程あるいはディーゼルエンジンの排気ガスで発生し、微細な粉塵(ふんじん)粒子の表面に吸着され、大気中に浮遊して霧状になったものである。光化学スモッグの原因物質で、目やのどを刺激し、吸入すると呼吸器粘膜の炎症、カタル、肺炎などをおこす。0.5ppmで刺激を感じ、10ppmで耐えにくい。また酸性雨の原因の一つとなっている。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の硫酸ミストの言及

【亜硫酸】より

… 4FeCl2+4HCl+H2SO3―→4FeCl3+S+3H2O紫外線を長くあてたり,140℃以上の高温に加熱すると,次のような分解を起こす。 3H2SO3―→2H2SO4+S+H2O大気中に放出された二酸化硫黄は浮遊粒子表面をおおった水に溶けて亜硫酸となり,これが光化学反応によって硫酸に変化するのが,著しい大気汚染をもたらす〈硫酸ミスト〉発生の原因とされる。また雨に溶けて亜硫酸となるのが酸性雨の原因でもある。…

【三酸化硫黄】より

…硫黄を含む石油類を燃焼させたとき発生する二酸化硫黄は,大気中において微細な浮遊粒子状物質の表面をおおっている水の膜に溶け,さらに紫外線による光化学反応によって三酸化硫黄に酸化される。これが大気汚染をもたらす硫酸ミスト発生の原因である。【漆山 秋雄】。…

【二酸化硫黄】より

… SO2+2H2S―→3S+2H2O  (酸化作用)  2KMnO4+5SO2+2H2O  ―→K2SO4+2MnSO4+2H2SO4 (還元作用)  二酸化硫黄は有毒であり,環境基準の設定されている代表的大気汚染物質である。大気中に排出されたSO2は浮遊粒子と共存すれば表面の水膜中で酸化されて硫酸ミストとなり,SO2単独よりもはるかに大きな毒性をもつことになる。環境基準は1日平均0.04ppm,1時間平均0.1ppm以下とされている。…

※「硫酸ミスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

硫酸ミストの関連キーワード硫酸酸性硫酸金属塩塩基度硫酸ニコチン硫酸水素酸リーチング

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硫酸ミストの関連情報