コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬性下疳 コウセイゲカン

デジタル大辞泉の解説

こうせい‐げかん〔カウセイ‐〕【硬性下×疳】

梅毒の第1期に、主に陰部豆粒ほどの硬いしこりができ、つぶれて生じる潰瘍(かいよう)。痛みはない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

硬性下疳【こうせいげかん】

梅毒の初期に主として外陰部に生じる潰瘍(かいよう)。感染後3週間前後に発生する初期硬結の中心部が潰瘍に陥ったもの。多くは境界が明らかで,周辺部に硬結を残す。大きさは米粒大〜エンドウ豆大まで。
→関連項目下疳

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうせいげかん【硬性下疳 hard chancre】

第1期梅毒の症状。梅毒にかかっている人との性交後約3週間で,男子では陰茎など,女子では陰唇や腟壁など,病原体である梅毒トレポネマの侵入した部位に初期硬結といわれるダイズの大きさのしこりが発生するが,まもなく表面がくずれて潰瘍となったのが硬性下疳である。普通は1個であるが,ときに2個以上となり,痛みもかゆみも生じない。性行為により陰部以外の口唇や乳房などにも発生する。硬性下疳の表面をこすって採取した分泌液を暗視野装置のついた顕微鏡で観察したり,パーカー・インキ染色した標本を顕微鏡で見ると梅毒トレポネマが確認できる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうせいげかん【硬性下疳】

第一期梅毒にできる感染局所(主として外陰部)の浅い潰瘍。軟骨様に硬く、無痛性。 ↔ 軟性下疳

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬性下疳
こうせいげかん

第1期梅毒の症状で、感染後3週ごろ男子では陰茎亀頭(きとう)など、女子では陰唇(いんしん)、腟(ちつ)壁などに硬いしこりができたのち、その表面が浅い潰瘍(かいよう)となるものをいう。そのほか、口唇、肛門(こうもん)、乳房などにもできることがある。[岡本昭二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の硬性下疳の言及

【性病】より

… 第1期の症状として,感染後3週間ごろに,男性では陰茎亀頭や包皮内板などに,女性では陰唇や腟壁などに初期硬結を生じる。さらに表面が潰瘍となるが(硬性下疳),痛みもかゆみもない。潰瘍の表面をこすって刺激したあとに出てくる分泌液には多数の梅毒トレポネマが含まれていて,梅毒の感染源となる。…

【梅毒】より

…自覚症状はなく,まもなく表面が潰瘍となる。これを硬性下疳(こうせいげかん)hard chancreという。普通は1個できるのが原則であるが,ときに2個以上発生する。…

※「硬性下疳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

硬性下疳の関連キーワードブロムワレリル尿素中毒性感染症とのどの症状軟性下疳混合下疳よこね性病

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android