コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碁石海岸 ゴイシカイガン

3件 の用語解説(碁石海岸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごいし‐かいがん【碁石海岸】

岩手県南東部、陸中海岸の南部にある海岸。大船渡湾に突出した末崎(まつさき)半島の南東にある、海食による断崖で知られる。国の名勝・天然記念物に指定されている。地名の由来は黒い碁石状の小礫(しょうれき)からなることによる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごいしかいがん【碁石海岸】

岩手県南東部,大船渡市末崎半島の南東端にある景勝地。白亜紀の砂岩とケツ岩の互層からなり,海食による断崖,洞窟,岩礁など変化に富んだ地形が,アカマツクロマツに覆われ,美しい景観を形づくっており,国の名勝および天然記念物に指定されている。地名は碁石岬の突端西側にある碁石浜にケツ岩が浸食されてできた碁石状の円礫(えんれき)がみられることによる。陸中海岸国立公園に属し,レストハウスキャンプ村,寒椿オリエンテーリングコースなどがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

碁石海岸
ごいしかいがん

岩手県南東部、大船渡(おおふなと)市南端の末崎(まっさき)半島にある景勝地。白亜紀の砂岩、頁岩(けつがん)の互層からなる海岸段丘で、これらが海食を受けて100メートルに及ぶ断崖(だんがい)のほか、洞窟(どうくつ)、洞門、潮吹き穴などの奇景をみせる。段丘上はアカマツ、クロマツの美林で覆われ、ハイビャクシン、エゾスカシユリなどの植生もみられる。半島先端の碁石岬の西側には碁石状の頁岩が浜を形成する碁石浜がある。付近にはレストハウス、遊歩道、キャンプ村などが整備され、三陸復興国立公園(旧、陸中海岸国立公園)の優れた景勝地をなし、国の名勝・天然記念物に指定されている。JR大船渡線細浦駅からバスの便がある。[川本忠平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

碁石海岸の関連キーワード大船渡市亀田半島五葉山魹ヶ崎長崎半島三浦半島室根山大船渡釜石湾さんりく

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

碁石海岸の関連情報