コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気ドラム じきドラムmagnetic drum

翻訳|magnetic drum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気ドラム
じきドラム
magnetic drum

金属製の円筒 (ドラム) の表面に磁性材料を塗布し,回転させることによって情報の記憶と読出しをするものである。磁気ディスクに比べて記憶容量は小さいが,アクセスタイムをある程度速くとれるので,マルチプログラミングコンピュータなどで,ページングや待ち行列にあるプログラムなどの待避場所として用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

磁気ドラム【じきドラム】

コンピューターの記憶装置の一種。表面に磁性材料を塗った回転円筒のまわりに磁気ヘッドを多数おいて,磁化の方向により書込み・読取りを行わせる。高速回転型と,低速であるが容量の大きい型とがある。
→関連項目端末装置

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁気ドラム
じきどらむ

コンピュータの記憶装置に用いられるものの一種。円筒状の物体の表面に磁性物質の被膜を施し、これを高速回転させ、表面に記録を読み書きするための磁気ヘッドを近接して多数個設置する。ヘッドの近接する円周に沿って情報を記録することができる。磁気ドラム記憶装置は、初期の真空管式のコンピュータの主記憶装置としてよく用いられたが、主記憶装置として用いるには、アクセスタイム(記録の読み書きに要する待ち時間)が長すぎるため、近年ではほとんど用いられなくなった。そのかわりに大型コンピュータの大容量補助記憶装置として、より大規模な磁気ドラム記憶装置が用いられるようになったが、これも、磁気ディスク記憶装置のほうが装置の容積当りの記憶密度が高いため、磁気ディスク装置にとってかわられた。[小野勝章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の磁気ドラムの言及

【記憶装置】より


[磁気記憶装置]
 強磁性体の磁化特性を利用した記憶媒体を使った記憶装置を磁気記憶装置という。磁気記憶装置で使われる記憶媒体として,1950年代には磁気ドラムが使われたこともあるが,その後長期にわたって磁気ディスクや磁気テープが主流だった。磁気ディスクとしては,後述するハードディスク(固定ディスク)やフロッピーディスクなどがある。…

※「磁気ドラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

磁気ドラムの関連キーワード座席予約システムコンピュータ組版短縮ダイヤル外部記憶装置高速記憶装置入出力装置浮動ヘッド磁気カード磁気記録周辺装置記憶素子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android