コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気ドラム じきドラム magnetic drum

翻訳|magnetic drum

3件 の用語解説(磁気ドラムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気ドラム
じきドラム
magnetic drum

金属製の円筒 (ドラム) の表面に磁性材料を塗布し,回転させることによって情報の記憶と読出しをするものである。磁気ディスクに比べて記憶容量は小さいが,アクセスタイムをある程度速くとれるので,マルチプログラミングコンピュータなどで,ページング待ち行列にあるプログラムなどの待避場所として用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

磁気ドラム【じきドラム】

コンピューターの記憶装置の一種。表面に磁性材料を塗った回転円筒のまわりに磁気ヘッドを多数おいて,磁化の方向により書込み・読取りを行わせる。高速回転型と,低速であるが容量の大きい型とがある。
→関連項目端末装置

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁気ドラム
じきどらむ

コンピュータの記憶装置に用いられるものの一種。円筒状の物体の表面に磁性物質の被膜を施し、これを高速回転させ、表面に記録を読み書きするための磁気ヘッドを近接して多数個設置する。ヘッドの近接する円周に沿って情報を記録することができる。磁気ドラム記憶装置は、初期の真空管式のコンピュータの主記憶装置としてよく用いられたが、主記憶装置として用いるには、アクセスタイム(記録の読み書きに要する待ち時間)が長すぎるため、近年ではほとんど用いられなくなった。そのかわりに大型コンピュータの大容量補助記憶装置として、より大規模な磁気ドラム記憶装置が用いられるようになったが、これも、磁気ディスク記憶装置のほうが装置の容積当りの記憶密度が高いため、磁気ディスク装置にとってかわられた。[小野勝章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の磁気ドラムの言及

【記憶装置】より


[磁気記憶装置]
 強磁性体の磁化特性を利用した記憶媒体を使った記憶装置を磁気記憶装置という。磁気記憶装置で使われる記憶媒体として,1950年代には磁気ドラムが使われたこともあるが,その後長期にわたって磁気ディスクや磁気テープが主流だった。磁気ディスクとしては,後述するハードディスク(固定ディスク)やフロッピーディスクなどがある。…

※「磁気ドラム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磁気ドラムの関連キーワードドラムドラム缶サイドドラム磁気ドラム記憶装置ドラムバーカー希薄磁性合金floppy disc円筒式乾燥ドラム乾燥機ネール磁壁

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磁気ドラムの関連情報