コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礒田湖竜斎 イソダコリュウサイ

5件 の用語解説(礒田湖竜斎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いそだ‐こりゅうさい【礒田湖竜斎】

江戸中期の浮世絵師。名は正勝。鈴木春信の影響を受け、美人画にすぐれた。晩年は肉筆画を主とし、法橋(ほっきょう)に叙せられた。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

礒田湖竜斎【いそだこりゅうさい】

江戸中期,明和・安永ごろの浮世絵師。名は正勝。鈴木春信と親交,その影響を受けて一時春広と号した。春信没後《雛形若菜の初模様》シリーズを版行,春信様式の非現実的な夢幻性から脱却した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日日本歴史人物事典の解説

礒田湖竜斎

生年:生没年不詳
江戸中期の浮世絵師。俗称礒田庄兵衛,名は正勝。江戸小川町の旗本土屋家の浪人という。両国薬研堀に住した。明和期(1764~72)には一時鈴木春広の画名も使用。明和前期より鈴木春信風の美人画を描き,柱絵にもすぐれた構図感覚をみせた。安永期(1772~81)には重厚感ある独自の美人画風を確立し,「雛形若菜初模様」は錦絵に大判サイズを定着させたシリーズである。小説挿絵も若干描き,絵本には安永8(1779)年『役者手鑑』,天明6(1786)年『北里歌』など。安永末ごろに法橋に叙せられ,以後は肉筆画に専念した。「法橋湖竜斎」の落款を有する肉筆美人画は今日数多く伝存する。<参考文献>小林忠「春信」(『浮世絵大系』2巻)

(大久保純一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いそだこりゅうさい【礒田湖竜斎】

江戸中期の浮世絵師。生没年不詳。土屋家の浪人で,江戸両国橋広小路薬研堀に住む。名は正勝,通称庄兵衛,湖竜ないし湖竜斎と号した。師は西村重長と伝えるが確かではない。明和年間(1764‐72)は春広の画名で鈴木春信風の美人風俗画を発表,春信没後の安永年間(1772‐81)に個性的作風を確立,一時もっとも人気の高い美人画家として活躍した。《名鳥坐鋪八景》など中判の揃物(そろいもの)を各種制作したが,柱絵の名手としても聞こえ,あぶな絵・秘画の傑作も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

礒田湖竜斎
いそだこりゅうさい

生没年不詳。江戸後期の浮世絵師。名を正勝、通称を庄兵衛といい、江戸・両国橋広小路薬研堀(やげんぼり)に居住した。江戸・小川町土屋家の浪人で、絵は西村重長(しげなが)に学ぶと伝える。鈴木春信(はるのぶ)全盛の明和(めいわ)年間(1764~1772)は春広の画名で春信風の作品を発表、春信没後の安永(あんえい)年間(1772~1781)に独自の作風を開花させ、美人風俗画の人気絵師となった。また柱絵の名手として知られ、秘画にも優れた。法橋(ほっきょう)位を得た晩年は肉筆画に専念し、1807年(文化4)に茶人川上不白(ふはく)が賛をした『朝顔に子供』の作例も伝わる。錦絵(にしきえ)の代表作に『名鳥坐鋪(ざしき)八景』(中判八枚揃(ぞろい)、1774~1775ころ)、『雛形(ひながた)若菜の初模様』(大判揃物、1777~1782ころ)などがある。[小林 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の礒田湖竜斎の言及

【浮世絵】より

…そして,人形のように無表情な細腰の優しい男女を主人公として,古典和歌の詩意を時様の風俗の内にやつし,あるいは伝統的主題を平俗に見立てるなどしながら,浪漫的情調のこまやかな風俗表現に一風を開いている。春信画の夢幻的な虚構性は,礒(磯)田湖竜斎がしだいに払拭し,天明年間の鳥居清長にいたって,浮世絵美人は現実的な背景の中に解放されることになる。清長の美人画像は八頭身の理想的なプロポーションをとり,大判二枚続,三枚続の大画面に展開され,開放的な野外風景の中で,群像として知的に構成される。…

※「礒田湖竜斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

礒田湖竜斎の関連キーワード初代歌川国貞籟堂鳥居清信鳥居清満稲垣つる大森善清庄五郎詮茂宮川長亀吉川盛信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone