コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礒田湖竜斎 イソダコリュウサイ

百科事典マイペディアの解説

礒田湖竜斎【いそだこりゅうさい】

江戸中期,明和・安永ごろの浮世絵師。名は正勝。鈴木春信親交,その影響を受けて一時春広と号した。春信没後《雛形若菜の初模様》のシリーズを版行,春信様式の非現実的な夢幻性から脱却した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

朝日日本歴史人物事典の解説

礒田湖竜斎

生年:生没年不詳
江戸中期の浮世絵師。俗称礒田庄兵衛,名は正勝。江戸小川町の旗本土屋家の浪人という。両国薬研堀に住した。明和期(1764~72)には一時鈴木春広の画名も使用。明和前期より鈴木春信風の美人画を描き,柱絵にもすぐれた構図感覚をみせた。安永期(1772~81)には重厚感ある独自の美人画風を確立し,「雛形若菜初模様」は錦絵に大判サイズを定着させたシリーズである。小説挿絵も若干描き,絵本には安永8(1779)年『役者手鑑』,天明6(1786)年『北里歌』など。安永末ごろに法橋に叙せられ,以後は肉筆画に専念した。「法橋湖竜斎」の落款を有する肉筆美人画は今日数多く伝存する。<参考文献>小林忠「春信」(『浮世絵大系』2巻)

(大久保純一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いそだこりゅうさい【礒田湖竜斎】

江戸中期の浮世絵師。生没年不詳。土屋家の浪人で,江戸両国橋広小路薬研堀に住む。名は正勝,通称庄兵衛,湖竜ないし湖竜斎と号した。師は西村重長と伝えるが確かではない。明和年間(1764‐72)は春広の画名で鈴木春信風の美人風俗画を発表,春信没後の安永年間(1772‐81)に個性的作風を確立,一時もっとも人気の高い美人画家として活躍した。《名鳥坐鋪八景》など中判の揃物(そろいもの)を各種制作したが,柱絵の名手としても聞こえ,あぶな絵秘画の傑作も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

礒田湖竜斎
いそだこりゅうさい

生没年不詳。江戸後期の浮世絵師。名を正勝、通称を庄兵衛といい、江戸・両国橋広小路薬研堀(やげんぼり)に居住した。江戸・小川町土屋家の浪人で、絵は西村重長(しげなが)に学ぶと伝える。鈴木春信(はるのぶ)全盛の明和(めいわ)年間(1764~1772)は春広の画名で春信風の作品を発表、春信没後の安永(あんえい)年間(1772~1781)に独自の作風を開花させ、美人風俗画の人気絵師となった。また柱絵の名手として知られ、秘画にも優れた。法橋(ほっきょう)位を得た晩年は肉筆画に専念し、1807年(文化4)に茶人川上不白(ふはく)が賛をした『朝顔に子供』の作例も伝わる。錦絵(にしきえ)の代表作に『名鳥坐鋪(ざしき)八景』(中判八枚揃(ぞろい)、1774~1775ころ)、『雛形(ひながた)若菜の初模様』(大判揃物、1777~1782ころ)などがある。[小林 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の礒田湖竜斎の言及

【浮世絵】より

…そして,人形のように無表情な細腰の優しい男女を主人公として,古典和歌の詩意を時様の風俗の内にやつし,あるいは伝統的主題を平俗に見立てるなどしながら,浪漫的情調のこまやかな風俗表現に一風を開いている。春信画の夢幻的な虚構性は,礒(磯)田湖竜斎がしだいに払拭し,天明年間の鳥居清長にいたって,浮世絵美人は現実的な背景の中に解放されることになる。清長の美人画像は八頭身の理想的なプロポーションをとり,大判二枚続,三枚続の大画面に展開され,開放的な野外風景の中で,群像として知的に構成される。…

※「礒田湖竜斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

礒田湖竜斎の関連キーワード鳥居清長武者絵小林

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android