コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的総資本 しゃかいてきそうしほん aggregate social capital

1件 の用語解説(社会的総資本の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいてきそうしほん【社会的総資本 aggregate social capital】

資本主義社会では,個別的資本がそれぞれの生産を担当する主体である。多数の個別的資本は同種および異種の産業において,それぞれに異なる使用価値の商品を生産しつつ,たえず,より高い利潤率を求めて相互に競争している。その競争は商品経済的な売買関係,すなわち商品市場貨幣市場を介して相互に結びつけられているが,本来的には無政府的な競争である。しかしこの無政府的競争は,個別的資本の意図とは無関係に,結果として一つの社会的均衡をつくりださねばならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

社会的総資本の関連キーワードウクラード科学的社会主義議会主義経済学国家独占資本主義修正資本主義中間層独占資本主義構造改革論赤禍

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone