コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神嘉殿 シンカデン

世界大百科事典 第2版の解説

しんかでん【神嘉殿】

平安宮の中院の正殿。中院は中和院(ちゆうかいん)とも称し,内裏の中枢部の内重の西側に位置し,内裏の外重の北西隅に築垣に囲まれた一院を形成する。その内部に正殿の神嘉殿,その南方前面の東・西に東・西舎,北に北殿を配し,神嘉殿は東・西舎とは回廊で,北殿とは渡廊でそれぞれ結ばれる。築垣南面中央には南門(中和門という)を開く。神嘉殿は梁行2間,桁行7間の身舎(もや)の四面に(ひさし)をめぐらした東西棟,東・西舎は2間・4間の身舎の西面あるいは東面に廂を付した南北棟,北殿は2間・7間の身舎の東・西・南面に廂を付けた東西棟の建物である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんかでん【神嘉殿】

平安京大内裏の中和院の正殿。天皇が国家や土地の神をまつったところ。
皇居皇霊殿の西に南面する殿舎。新嘗祭・神嘗祭をここで行う。また、南庭では、元旦に四方拝を行う。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の神嘉殿の言及

【中和院】より

…天皇が神をまつる場所であり神今食や新嘗祭などにもつかわれた。四面に垣をめぐらし,その中に中殿ないし中院正庁とよばれた神嘉殿の一区画をもっていた。中和院は平安宮について知られているが,平城宮まで遡及するかどうかは文献史料上も発掘調査の上でも不明である。…

※「神嘉殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神嘉殿の関連キーワード新嘗祭(にいなめのまつり)石上神宮橿原神宮皇室祭祀新嘗祭神今食神嘗祭殿舎地祇

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神嘉殿の関連情報