福田恒存(読み)ふくだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福田恒存 ふくだ-つねあり

1912-1994 昭和-平成時代の評論家,劇作家。
大正元年8月25日生まれ。文学論を発表し,戦後は保守主義の論客として平和論,文化人論,国語改革論などで安易な進歩主義を批判した。「キティ颱風(たいふう)」などの戯曲をかき,昭和38年現代演劇協会を設立し,劇団「雲」を主宰。「シェイクスピア全集」の訳業で30年岸田演劇賞,評論・翻訳の業績で56年芸術院賞。芸術院会員。平成6年11月20日死去。82歳。東京出身。東京帝大卒。評論に「人間・この劇的なるもの」など。
格言など】生きる喜びとは主役を演じることを意味しない(「人間・この劇的なるもの」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ふくだ‐つねあり【福田恒存】

評論家・劇作家。東京出身。東大英文科卒。個人の精神的自由を重視する一方で、政治では理想主義を排して、憲法問題や国語問題などで幅広い評論活動を展開した。また、シェークスピアの戯曲を翻訳し、文学座に参加して自作を演出した。主な評論に「人間・この劇的なるもの」戯曲に「キティ颱風」などがある。大正元~平成六(一九一二‐九四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福田恒存の関連情報