秉燭(読み)ヒョウソク

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐そく〔ヒヤウ‐〕【××燭】

灯火器具の一。油皿の中央に置いた灯心に火をつけるもの。

ひん‐そく【××燭】

へいしょく(秉燭)」に同じ。

へい‐しょく【××燭】

を秉(と)るの意》
手に灯火を持つこと。
火ともしごろ。夕がた。ひんそく。
「―に及んで、祇園(ぎをん)の社へ入れ奉る」〈平家・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうそく【秉燭】

油皿の一種。中央に臍ほぞのようなものがあり、それに灯心を立てて点火するもの。

へいしょく【秉燭】

〔燭を秉る意〕
火ともしごろ。夕刻。 「 -に及んで、祇園の社へ入れ奉る/平家 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひょう‐そく ヒャウ‥【秉燭】

〘名〙 (「ひょう」「そく」はそれぞれ「秉」「燭」の呉音) 灯火器具の一種。油皿の中央にある舌のようなものに灯心を立てて点火するもの。〔運歩色葉(1548)〕

ひん‐そく【秉燭】

〘名〙 (「ひん」は「秉」の唐宋音。燭を手に秉(と)る意) 灯火をつけるころ。ひともしどき。夕暮。へいしょく。
承久軍物語(1240頃か)一「はいがはひんそくにおよんですることなり」

へい‐しょく【秉燭】

〘名〙
① 手に灯火を持つこと。
※延喜式(927)四六「凡諸節会日若入夜者。令衛士進秉燭。其数十人。若有蕃客者廿人」 〔古詩十九首‐其一五〕
② (燭を秉(と)る時刻の意) 火ともしごろ。ゆうがた。ひんそく。へいそく。
※小右記‐天元五年(982)正月一日「秉燭出御南殿
※平家(13C前)一「秉燭に及で祇園の社へ入奉る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の秉燭の言及

【行灯】より

… 行灯の内部には油皿をおき,これにナタネ油などの植物性油をつぎ,灯心を入れて点火したが,この油皿の中の灯心をおさえ,また灯心をかき立てるために,搔立(かきたて)というものが用いられ,これには金属製や陶製の種々な形態のものがあった。また灯心を皿の中央に立てるようにくふうした秉燭(ひようそく)とよぶものが作られたが,これはふつうの油皿よりも火のもちがよく,しかも油が皿裏にまわることもないので,多く掛行灯などに使用された。油皿は古くは路次行灯のように底板におかれたが,小堀遠州が丸行灯を作って以来,火袋の中央に蜘手(くもで)を設けて,ここに油皿をおいたという。…

※「秉燭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android