コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秉燭 ヒョウソク

5件 の用語解説(秉燭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐そく〔ヒヤウ‐〕【××燭】

灯火器具の一。油皿の中央に置いた灯心に火をつけるもの。

ひん‐そく【××燭】

へいしょく(秉燭)」に同じ。

へい‐しょく【××燭】

《燭を秉(と)るの意》
手に灯火を持つこと。
火ともしごろ。夕がた。ひんそく。
「―に及んで、祇園(ぎをん)の社へ入れ奉る」〈平家・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひょうそく【秉燭】

油皿の一種。中央に臍ほぞのようなものがあり、それに灯心を立てて点火するもの。

へいしょく【秉燭】

〔燭を秉る意〕
火ともしごろ。夕刻。 「 -に及んで、祇園の社へ入れ奉る/平家 1

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の秉燭の言及

【行灯】より

… 行灯の内部には油皿をおき,これにナタネ油などの植物性油をつぎ,灯心を入れて点火したが,この油皿の中の灯心をおさえ,また灯心をかき立てるために,搔立(かきたて)というものが用いられ,これには金属製や陶製の種々な形態のものがあった。また灯心を皿の中央に立てるようにくふうした秉燭(ひようそく)とよぶものが作られたが,これはふつうの油皿よりも火のもちがよく,しかも油が皿裏にまわることもないので,多く掛行灯などに使用された。油皿は古くは路次行灯のように底板におかれたが,小堀遠州が丸行灯を作って以来,火袋の中央に蜘手(くもで)を設けて,ここに油皿をおいたという。…

※「秉燭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秉燭の関連キーワード点滅彝を秉る口火を切る手に手に火点し火を吐くライトアップ御灯灯火管制無灯

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone