コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秉燭 ヒョウソク

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐そく〔ヒヤウ‐〕【××燭】

灯火器具の一。油皿の中央に置いた灯心に火をつけるもの。

ひん‐そく【××燭】

へいしょく(秉燭)」に同じ。

へい‐しょく【××燭】

《燭を秉(と)るの意》
手に灯火を持つこと。
火ともしごろ。夕がた。ひんそく。
「―に及んで、祇園(ぎをん)の社へ入れ奉る」〈平家・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうそく【秉燭】

油皿の一種。中央に臍ほぞのようなものがあり、それに灯心を立てて点火するもの。

へいしょく【秉燭】

〔燭を秉る意〕
火ともしごろ。夕刻。 「 -に及んで、祇園の社へ入れ奉る/平家 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の秉燭の言及

【行灯】より

… 行灯の内部には油皿をおき,これにナタネ油などの植物性油をつぎ,灯心を入れて点火したが,この油皿の中の灯心をおさえ,また灯心をかき立てるために,搔立(かきたて)というものが用いられ,これには金属製や陶製の種々な形態のものがあった。また灯心を皿の中央に立てるようにくふうした秉燭(ひようそく)とよぶものが作られたが,これはふつうの油皿よりも火のもちがよく,しかも油が皿裏にまわることもないので,多く掛行灯などに使用された。油皿は古くは路次行灯のように底板におかれたが,小堀遠州が丸行灯を作って以来,火袋の中央に蜘手(くもで)を設けて,ここに油皿をおいたという。…

※「秉燭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone