コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋月種実 あきづきたねざね

3件 の用語解説(秋月種実の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋月種実
あきづきたねざね

[生]天文14(1545).筑前,秋月
[没]慶長1(1596).9.26.
安土桃山時代の武将。種方の子。幼名黒帽子,のち筑前守。秋月氏は代々大友氏と戦ったが,弘治3 (1557) 年父種方が大友氏と戦って敗死したのち家督相続,毛利氏と結んで大友氏と対した。天正 14 (86) 年豊臣秀吉の島津征討に際しては,島津氏に味方したが,翌年秀吉にくだった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋月種実 あきづき-たねざね

1545-1596 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)14年生まれ。秋月種方の次男。筑前(ちくぜん)(福岡県)古処山(こしょざん)城主。毛利氏,のち島津氏とむすんで大友氏と戦いをくりかえす。天正(てんしょう)15年豊臣秀吉の九州攻めに抵抗。のち開城し,名物の肩衝(かたつき)茶入れ「楢柴(ならしば)」を献上し,ゆるされた。文禄(ぶんろく)5年9月26日死去。52歳。号は宗誾(そうぎん),笑翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

あきづきたねざね【秋月種実】

1545‐96(天文14‐慶長1)
戦国・豊臣期の筑前国の武将。大蔵氏族。同国夜須郡秋月の古処山(こしよざん)城主。種方の次子。幼名黒帽子,のち修理大夫・筑前守。初め毛利氏にくみしたが,1569年(永禄12)大友氏に下る。78年(天正6)筑前大友氏勢力の一掃に成功し,勢力は筑前・筑後一帯に及ぶ。84年島津・竜造寺氏の和平工作に成功し,島津氏の筑前攻略の先導役。87年秀吉の九州統一に名物の肩衝(かたつき)茶入れ〈楢柴(ならしば)〉を献上して赦免される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の秋月種実の言及

【大蔵氏】より

…しかし原田,秋月,三原,田尻,高橋,江上,宝珠山など大蔵を本姓とする諸氏はその後も各地に活躍し,九州中世史に規定的な役割を果たした。中世末,豊臣秀吉の九州出兵に抵抗した秋月種実はその最後の人物ということができる。彼らは〈種〉を通字とする。…

※「秋月種実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秋月種実の関連キーワード大蔵虎武宅間憲俊豊岡大内政弘武将福岡県太宰府市国分秋月種方筑紫広門原田種直戸次道雪

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone