コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税制改革[アメリカ合衆国] ぜいせいかいかくアメリカがっしゅうこくtax reform

1件 の用語解説(税制改革[アメリカ合衆国]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

税制改革[アメリカ合衆国]
ぜいせいかいかくアメリカがっしゅうこく
tax reform

アメリカにおける 1981年,83年,86年と3回にわたる税制の見直しのこと。 81年8月の経済再建租税法 (ERTA) では,個人の所得税を引き下げて労働供給,貯蓄のインセンティブを高める一方,企業の投資減税を行ない,資本蓄積,生産性向上,労働需要のインセンティブを高めることを目的とする改正が行なわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

税制改革[アメリカ合衆国]の関連キーワードホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ銀行法座散乱木遺跡亜蘭知子電子制御式4速AT童夢常用漢字女人芸術熱帯林話劇

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone