コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

税制改革[アメリカ合衆国] ぜいせいかいかくアメリカがっしゅうこく tax reform

1件 の用語解説(税制改革[アメリカ合衆国]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

税制改革[アメリカ合衆国]
ぜいせいかいかくアメリカがっしゅうこく
tax reform

アメリカにおける 1981年,83年,86年と3回にわたる税制の見直しのこと。 81年8月の経済再建租税法 (ERTA) では,個人の所得税を引き下げて労働供給,貯蓄のインセンティブを高める一方,企業の投資減税を行ない,資本蓄積,生産性向上,労働需要のインセンティブを高めることを目的とする改正が行なわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

税制改革[アメリカ合衆国]の関連キーワードアメリカバイソンアングロアメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカン遠いアメリカラテンアメリカにおける想像と暴力アメリカ アメリカ《アメリカにおける民主主義》《ヨーロッパとアメリカにおけるポーランド農民》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone