稲葉修(読み)いなば おさむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉修 いなば-おさむ

1909-1992 昭和後期-平成時代の政治家。
明治42年11月19日生まれ。昭和18年母校中央大の教授。24年衆議院議員(当選14回,自民党)となり,憲法改正論を主張し,自民党憲法調査会会長をつとめる。47年第1次田中内閣の文相,49年三木内閣の法相。横綱審議委員会委員。平成4年8月15日死去。82歳。新潟県出身。著作に「土地収用理論の展開」。
【格言など】法と良心に従って(ロッキード)事件の徹底的究明を(法相として検察陣に指示)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲葉修の関連情報