コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積分幾何学 せきぶんきかがくintegral geometry

世界大百科事典 第2版の解説

せきぶんきかがく【積分幾何学 integral geometry】

古くから幾何学的確率の問題として知られた問題がある。例えば(ユークリッド)平面におかれた二つの円周S1,S2に対して,その一方S1に交わる直線がもう一方S2にも交わる確率を求めよというものなどがそれである。このような問題に対して基本的であるのは,平面における直線の種々の集合の大きさをうまく測ることである。もしこれができれば上の問題の解は,S1およびS2にともに交わる直線のなす集合の大きさと,単にS1に交わる直線のなす集合の大きさとの比をとればよいからである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

積分幾何学の関連キーワードS.S. チャーンアンリ カルタン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android