コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窒素定量法

2件 の用語解説(窒素定量法の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

窒素定量法

 栄養学ではケルダール法が一般に用いられる.この方法は,試料を熱濃硫酸で酸化し,窒素をアンモニア態として定量する.この方法では硝酸態の窒素は定量できない.ほかに窒素を窒素ガスに変えて定量するデュマ法がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちっそていりょうほう【窒素定量法 determination of nitrogen】

試料に含まれている窒素元素の量を測定する方法。窒素は生元素の一つであって,生物圏における窒素の動きは,個々の生物の生育から生態系の維持・遷移に至るまでの生物の生存と関連する問題を規制する重要な要因になっている。一方,気圏には窒素はN2の形で大量に存在するだけでなく,NOx,N2O,NH3などの形で微量ないしは少量含まれているが,これらの微量成分が環境としての大気の質を左右している。したがって窒素定量法は,これらに対する問題を理解し,解決を図る努力と深くかかわっており,生態学,生理学生化学,医学,薬学,土壌学,栄養学,肥料学,食糧・飼料学,地球化学環境科学など多くの分野で頻用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

窒素定量法の関連キーワード計測重量分析生化学検査亜硝酸窒素間接エネルギー測定法呼吸試験湿式灰化正味タンパク質利用率食事窒素窒素出納

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone