コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窒素工業 ちっそこうぎょうnitrogen industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

窒素工業
ちっそこうぎょう
nitrogen industry

化合窒素製品を生産する工業の総称。かつて窒素はおもに鉱物資源であるチリ硝石を利用してつくられていたが,19世紀の終りになってから,空気中の遊離窒素を圧縮分離して得られるようになった (→空中窒素固定 ) 。窒素と水素からアンモニアの合成,窒素とカルシウムから石灰窒素の製造,さらに電弧法によって窒素と酸素から硝酸の製造などが行われているが,現在の窒素工業では,アンモニアの合成が最も盛んである。製品としては,アンモニウム塩 (硫安,硝安,塩安,リン安) ,硝酸塩,石灰窒素,尿素,窒化物,ニトロ化合物などがある。現在は窒素工業の大部分は,窒素肥料工業が占めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちっそこうぎょう【窒素工業】

アンモニア・硝酸・尿素・窒素肥料・ニトロ化合物などの窒素化合物を、空気中の窒素を原料として合成する工業。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

窒素工業の関連キーワード三井東圧化学[株]日本カーバイド工業宇部興産[株]宇部興産(株)野村 与曽市化学機械工業窒素化合物渡辺 祐策カーバイド宇部興産硫安工業渡辺祐策三菱化成

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

窒素工業の関連情報