立体交差・立体交叉(読み)りったいこうさ

精選版 日本国語大辞典「立体交差・立体交叉」の解説

りったい‐こうさ ‥カウサ【立体交差・立体交叉】

〘名〙 道路と道路あるいは道路と鉄道線路、鉄道線路と鉄道線路が同一平面でなく上下に高さを違えて交差すること。〔鉄道(1936)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android