コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競(り)売り/糶り売り セリウリ

1件 の用語解説(競(り)売り/糶り売りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せり‐うり【競(り)売り/×糶り売り】

売り主が、複数の者に対して目的物の買い受けの申し出を口頭でさせ、最高価額の申し出をした者に承諾を与える売買契約の方法。売り手が最初に高値で呼びはじめ、買い手が出るまで呼び値を下げていく方法もある。けいばい。きようばい。
品物を持ち歩いて売ること。また、その人。行商。
「足袋の―して、水茶屋に日を暮らし」〈当世下手談義・三〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone