コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

競(り)売り/糶り売り セリウリ

1件 の用語解説(競(り)売り/糶り売りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せり‐うり【競(り)売り/×糶り売り】

売り主が、複数の者に対して目的物の買い受けの申し出を口頭でさせ、最高価額の申し出をした者に承諾を与える売買契約の方法。売り手が最初に高値で呼びはじめ、買い手が出るまで呼び値を下げていく方法もある。けいばい。きようばい。
品物を持ち歩いて売ること。また、その人。行商。
「足袋の―して、水茶屋に日を暮らし」〈当世下手談義・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

競(り)売り/糶り売りの関連キーワード競売買自助売却二重売買反対給付目的物売主競買い追奪担保手熨斗優先交渉権

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone