コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

符帳 ふちょう

2件 の用語解説(符帳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

符帳
ふちょう

商品につける値段の陰語で,符丁,符牒とも書く。旧来の商業では,実際よりもかなり高くつけた値段,つまり掛値を用いる場合が多かったが,商人たちは符帳を用いて値決めをし取引した。公開の市場で用いられるものとそうでないものがあり,また商業の種類によってもさまざまであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

符帳
ふちょう

符丁、符牒とも書く。一般には仲間同士で用いる隠語や暗号をいうが、商業用語としては、店舗内もしくは市場内で商品の値段などを示す数字の隠語をいう。店舗内で使用するものを「お店(たな)符帳」といい、問屋仲間・同業者間が市場などで使用するものを「通(とお)り符帳」という。旧式の商業では正札(しょうふだ)(価格札)は用いず、掛け値をいうことが多かったから、符帳は不可欠であった。符帳の中心は口唱符帳または文字符帳であるが、鮮魚や青物の市場では手ぶり符帳が用いられ、後者は現在でも取引所などに残っている。口唱・文字符帳は正札による価格表示によって廃れた。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

符帳の関連キーワード引け値買値煮付ける値札符丁・符帳・符牒付値通り符牒符丁身に付ける符丁(符牒)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone