コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青物市場 あおものいちば

3件 の用語解説(青物市場の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

あおものいちば【青物市場】

野菜・果物を取引する卸市場。青物市。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青物市場
あおものいちば

野菜、果実などの青果物を売買する市場。青果物市場ともいう。現在では一般に卸売市場(しじょう)をさす。日本では、1923年(大正12)の中央卸売市場法施行により、地方公共団体による各種生鮮食料品の卸売市場開設が進み、設備や組織が近代化された。現在は、1971年(昭和46)施行の卸売市場法により、生鮮食料品等を扱う市場は中央卸売市場および地方卸売市場に分けて規定されている。1980年代以降、消費生活の多様化と流通量増大、都市化による環境悪化などにより、既存青物市場の再開発や移転が課題になる事例が多い。
 日本の青物市場は、奈良時代の京都における物々交換方式の東西市(いち)に始まるとする説もあるが、市場成立の前提条件である都市の成立と貨幣取引の定着が整う江戸時代初期に本格的に成立したとみるほうが適切であろう。江戸では、最古の駒込(こまごめ)のほか、神田(かんだ)、千住(せんじゅ)、本所(ほんじょ)、京橋、二本榎(にほんえのき)、品川などに青物市場ができたが、明治維新後、廃止・統合された。そのほか、大坂の天満市(てんまいち)、京都の不動堂市、流れ口市、中堂寺市、名古屋の枇杷島市(びわじまいち)などが有名である。江戸時代の青物市場は、株仲間の特権集団により運営され、新しい市場の開設や農民による直売をめぐっての争いが少なくなかった。「やっちゃ場」は青物市場を意味する東京の俗語であるが、せり売りの掛け声に由来するという説と、「野菜市場(いちば)」の転訛(てんか)とする説がある。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青物市場の関連キーワード青果物卸売市場互市場青果清算市場市場生産青果市場丸果大分大同青果長野県連合青果東京青果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青物市場の関連情報