コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑後川の戦い ちくごがわのたたかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑後川の戦い
ちくごがわのたたかい

正平 14=延文4 (1359) 年8月,九州筑後川周辺で懐良親王菊池武光の南朝方と,少弐 (しょうに) 頼尚らの足利方の間で戦われた合戦。足利方が敗れて九州は一時南朝方の勢力下におかれた。 (→南北朝時代 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちくごがわ‐の‐たたかい〔チクゴがは‐たたかひ〕【筑後川の戦い】

正平14=延文4年(1359)征西将軍懐良(かねなが)親王菊池武光らの南朝軍が、足利(あしかが)方の少弐頼尚(しょうによりひさ)を筑後川付近で破った戦い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑後川の戦い
ちくごがわのたたかい

1359年(正平14・延文4)筑後国大保原(おおほばる)(福岡県三井(みい)郡)で行われた南北朝期九州での最大の合戦。大友氏時(うじとき)と呼応して南軍を挟撃しようとする少弐頼尚(しょうによりひさ)に対し、菊池武光(たけみつ)は征西将軍懐良(かねよし)親王を奉じて7月菊池(熊本県菊池郡)をたち筑後川南方に布陣、19日渡河し、北方鰺坂(あじさか)荘(福岡県小郡(おごおり)市)に陣した頼尚を攻め、頼尚は退いて大保原の沼地に陣した。8月6日夜半、菊池武政(たけまさ)らは先制の夜襲をかけ、まもなく本隊相互の激戦となり、一日中戦闘が続いた。頼尚の嫡男直資(ただすけ)の討ち死にをはじめ、双方とも甚大な損害を受け、頼尚は宝満(ほうまん)山(福岡県太宰府(だざいふ)市内山(うちやま))に退却、菊池軍も追撃の力なくいったん肥後に引き揚げた。武光が血刀を洗ったという太刀洗(たちあらい)川(福岡県三井(みい)郡大刀洗町)は著名である。この合戦の勝利により、征西府は待望の大宰府(だざいふ)入りを果たし、全盛期を迎えることになる。[工藤敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

筑後川の戦いの関連キーワード大原合戦

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筑後川の戦いの関連情報