筒井筒(読み)ツツイヅツ

デジタル大辞泉の解説

つつい‐づつ〔つつゐ‐〕【筒井筒】

筒井をかこむ、わく。
《伊勢物語・二三の「筒井つの井筒にかけしまろがたけ過ぎにけらしな妹(いも)見ざるまに」の歌から》幼ともだち。幼なじみ。
「―の昔しもふるけれど、振わけ髪のおさなだちより馴れて」〈一葉・花ごもり〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つついづつ【筒井筒】

筒井につけられたわく。
〔「伊勢物語」二三段の「つつゐつの井筒にかけしまろがたけ過ぎにけらしな妹見ざるまに」から〕 幼なじみの男女。また、その仲。 「 -の仲」
重文の井戸茶碗。豊臣秀吉所持。近習が取り落とし、五つに割れたことから、細川三斎が銘をつけた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筒井筒
つついづつ

筒井の筒の意。筒井は円筒状にまっすぐに掘り下げた井戸をいい、筒はその井戸の枠をいい、「筒井つ」とまったく同様に使われる。『伊勢(いせ)物語』23段に、幼なじみの男女が「筒井筒(筒井つの)井筒にかけしまろ(私)がたけ過ぎにけらしな妹見ざるまに」「くらべこし振分髪も肩過ぎぬ君ならずしてたれかあぐべき」の歌を贈答しあう恋物語があるため、幼なじみや幼い男女の恋のたとえとしたりするほか、「いつ」と同音の「いつか」「いつも」にかかる序詞として用いる。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

つつい‐づつ つつゐ‥【筒井筒】

[1] 〘名〙
※六百番歌合(1193頃)恋五・七番「筒井筒井筒にかけしたけよりも過ぎぬや通ふ心深さは〈顕昭〉」
② (「伊勢物語」の「つつゐつの井筒にかけし…」の歌が幼なじみの恋であるところから) 幼なじみ。また、幼い男女の遊びなかま。
※謡曲・井筒(1435頃)「君ならずして、たれか上ぐべきと、互に詠みしゆゑなれや、筒井筒の女とも、聞こえしは、有常が娘の古き名なるべし」
※山吹(1944)〈室生犀星〉二「そして孰(いづ)れともなく筒井筒(ツツヰヅツ)の友は話し出した」
③ 序詞として「つついづつ」の「いつ」と同音を含む「いつ(何時)か」「いつ(何時)も」などにかかる。
※浄瑠璃・義経千本桜(1747)四「思ひ出るも涙にて袖はかはかぬつつ井筒(イヅツ)。いつか御身(おんみ)も、のびやかに春の柳生の糸長く」
[2] 井戸茶碗。名物。井戸茶碗の最高傑作といわれる。筒井順慶が所持していたので、この名がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筒井筒の関連情報