コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筒井筒 ツツイヅツ

デジタル大辞泉の解説

つつい‐づつ〔つつゐ‐〕【筒井筒】

筒井をかこむ、わく。
《伊勢物語・二三の「筒井つの井筒にかけしまろがたけ過ぎにけらしな妹(いも)見ざるまに」の歌から》幼ともだち。幼なじみ。
「―の昔しもふるけれど、振わけ髪のおさなだちより馴れて」〈一葉・花ごもり〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つついづつ【筒井筒】

筒井につけられたわく。
〔「伊勢物語」二三段の「つつゐつの井筒にかけしまろがたけ過ぎにけらしな妹見ざるまに」から〕 幼なじみの男女。また、その仲。 「 -の仲」
重文の井戸茶碗。豊臣秀吉所持。近習が取り落とし、五つに割れたことから、細川三斎が銘をつけた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筒井筒
つついづつ

筒井の筒の意。筒井は円筒状にまっすぐに掘り下げた井戸をいい、筒はその井戸の枠をいい、「筒井つ」とまったく同様に使われる。『伊勢(いせ)物語』23段に、幼なじみの男女が「筒井筒(筒井つの)井筒にかけしまろ(私)がたけ過ぎにけらしな妹見ざるまに」「くらべこし振分髪も肩過ぎぬ君ならずしてたれかあぐべき」の歌を贈答しあう恋物語があるため、幼なじみや幼い男女の恋のたとえとしたりするほか、「いつ」と同音の「いつか」「いつも」にかかる序詞として用いる。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

筒井筒の関連キーワード増山金八(初代)上原 古年伊勢物語井戸茶碗細川三斎井筒重文近習筒井五つ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android