コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簀立て スダテ

デジタル大辞泉の解説

す‐だて【×簀立て】

海中に簀を立てておき、干潮時に逃げおくれた魚を捕らえる漁法。また、その仕掛け。
円筒形の底のない竹かご。味噌や醤油の諸味(もろみ)の中に立てて、こされて中に入った汁を取る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すだて【簀立て】

潮の干満を利用して,魚をとる定置漁具の一種。木,タケヨシなどで作ったを岸に平行にやや沖に向かって突き出す形で設置する。満潮のときに浅所に来た魚類で,干潮の際に簀に阻まれて取り残されるものをとる。規模,形状はさまざまで,両端に魚を誘導して,囲いに落とし込む装置をもつものもある。強固な構造ではないので,波の穏やかな内湾などで行われる。波瀬八重ひび八重簀などと呼ばれるものも同じである。網を用いれば建干網である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すだて【簀立て】

定置漁法の一。海中に簀を迷路状に立てめぐらし、満潮時にはいった魚で干潮時に簀の中に取り残されたものを捕る方法。また、その装置。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

簀立て
すだて

定置漁具で、(えり)の一種。割り竹や木片で簀を編み、杭(くい)を立てて簀を張り、複雑な迷路とする。上げ潮時に簀の中に入り込んだ魚類が、引き潮時に逃げ場を失い、わずかに残った水や流入した藻に潜伏するものを、たも網で捕獲したり、手でとらえる仕組みである。
 簀立ては、構造が弱いため、水深が浅くて波浪が静穏な河川、湖沼、内湾の岸近くに設置される。河川や湖沼などの淡水域ではコイ、フナなどが漁獲され、内湾ではスズキ、ハゼ、アイナメ、ウミタナゴ、ボラ、アナゴ、クロダイなどが漁獲される。漁期は4~12月までであるが、盛漁期は6~8月である。観光客に素手でとらせた魚類をてんぷらなどにして食べさせる観光簀立ても行われている。[吉原喜好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の簀立ての言及

【川漁】より

…川猟とも書く。内水面漁業の一種。大規模に行うことが困難で,かえって古風な漁法を残している。現在,日本各地の河川の沿岸では専業者はほとんどなく,多くは兼業者か遊漁者であるが,近年までポン,オゲ,ミツクリなどと呼ぶ,川漁を行う漂泊生業者がいた。 川漁で用いられる漁法は多岐にわたっている。まず,摑捕(つかみどり)は石の下,岸の虚(うつろ),石垣・岩の穴などに潜む魚を手づかみしたり,水中の石やげんのうでたたいて捕らえたりするものである。…

※「簀立て」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

簀立ての関連キーワード雑漁具海中漁法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android