コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ショウ

2件 の用語解説(粧の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう【粧】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(シャウ)(呉) ソウ(サウ)(漢) [訓]よそおう
顔かたちを整える。「化粧盛粧(せいそう)美粧

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

よそおい

?-? 江戸時代後期の遊女。
江戸吉原の松葉屋の抱(かか)えで粧太夫ともよばれた。酒井抱一(ほういつ)に俳句をまなび蕋雲(ずいうん)と号した。「うたゝねの夢見直さん五月雨」の句がある。書にもすぐれ,浅草神社に文化3年(1806)建立された柿本人麻呂歌碑の筆者でもある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

粧の関連キーワード細見鶏冠瀬川出口万寿吉原言葉奥州(1)佐渡島正吉小鸞たそや

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粧の関連情報