コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウ

デジタル大辞泉の解説

しょう【粧】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(シャウ)(呉) ソウ(サウ)(漢) [訓]よそおう
顔かたちを整える。「化粧盛粧(せいそう)美粧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

よそおい

?-? 江戸時代後期の遊女。
江戸吉原の松葉屋の抱(かか)えで粧太夫ともよばれた。酒井抱一(ほういつ)に俳句をまなび蕋雲(ずいうん)と号した。「うたゝねの夢見直さん五月雨」の句がある。書にもすぐれ,浅草神社に文化3年(1806)建立された柿本人麻呂歌碑の筆者でもある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

粧の関連キーワード沙粧妙子・帰還の挨拶神奈川県鎌倉市扇ガ谷ポリビニルピロリドン日本化粧品工業連合会神奈川県鎌倉市佐助イソプロパノールベルガモット油ゼリア新薬工業フレバリスト東邦化学工業キャラウェーバイオレット生まれ立ち富春軒仙渓思はくらしびくしゃく生方たつゑ粉青沙器小川香料レモン油

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粧の関連情報