精進揚げ(読み)しょうじんあげ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

精進揚げ
しょうじんあげ

揚げ物の一種で、野菜類を揚げたものをいう。仏道を究めることに精進ということばが多く使われ、素食(そじき)(植物性の料理)を精進料理といい、精進揚げはその一部である。材料としては、サツマイモ、ニンジン、シイタケ、ナス、タケノコ、ゴボウ、インゲン、ミツバ、シュンギク、蓮根(れんこん)、アスパラガス、ピーマン、オクラなどがある。何種かの材料を混ぜ合わせて揚げるものを五色揚げともいう。関西では、つけ揚げとか衣揚げの名が用いられている。関東では、大正のころまで胡麻(ごま)揚げとよばれていた。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android