コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糠福米福 ヌカフクコメフク

4件 の用語解説(糠福米福の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぬかふく‐こめふく【×糠福米福】

継子(ままこ)話の一。後妻が先妻の子の糠福に意地悪をし、わが娘の米福をかわいがるが、最後に糠福は長者の家に嫁ぎ、幸福になる。「紅皿欠皿(べにざらかけざら)」なども同趣。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

糠福米福【ぬかぶくこめぶく】

米福糠福,粟(あわ)福米福とも。シンデレラ型の継子(ままこ)話。姉の糠福は継子。妹の米福は実子。姉は破れた袋をもたされてクリ拾いにいき,山姥(やまうば)に宝物をもらう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぬかふくこめふく【糠福米福】

昔話の一。継子ままこ話。後妻が先妻の子の糠福につらくあたって実子の米福をかわいがるが、結局、糠福が幸運を得るというもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糠福米福
ぬかぶくこめぶく

昔話。継子(ままこ)が幸福な結婚をすることを主題にした継子話の一つ。継母が姉の継子には破れた袋を、妹の実子にはよい袋を持たせて栗(くり)拾いに行かせる。妹はすぐいっぱいになるが、姉のほうは破れているからなかなかいっぱいにならない。日が暮れ、山の中の一軒家に行く。人食鬼の家であるが、老婆がかくまってくれる。姉は老婆のシラミをとってやる。帰りに姉は老婆から宝箱をもらう。町の祭りの日、母親は妹を連れて祭りに出かける。姉にはたいへんな仕事を言いつけるが、旅の僧やスズメの援助で果たす。宝箱を開けると、中にきれいな着物が入っている。姉はそれを着て祭りに行く。姉はそこで見そめられ、幸せな結婚をする。前半の栗拾いは、独立した「継子の栗拾い」としても語られている。後半は典型的な「シンデレラ」の類話である。
 日本では平安中期にすでに、継母に虐げられる継娘が結婚して幸福になることを主題にした物語文学が生まれている。『落窪(おちくぼ)物語』や『住吉(すみよし)物語』(現存するのは鎌倉時代の作品)がそれであり、室町時代の物語草子にも同材の作品が少なくない。『ふせやの物語』『美人くらべ』『秋月物語』『岩屋の草紙』などがある。昔話の細かい特徴との共通性はあまりないが、『花世の姫』は昔話に近く、山に捨てられた姫が、鬼の家で老婆に助けられ、虫をとった礼に姥皮(うばかわ)など不思議な宝物をもらうという「糠福米福」の前段部分がある。しかも、姥皮を着て老女になり、火たきとして住み込む「灰かづき姫」の要素もある。『鉢かづき姫』や『うばかは』もこの系統である。
 類話は、朝鮮、中国、ベトナム、インドネシア、インドをはじめ、アジアからヨーロッパへかけて広く分布し、数も多い。ヨーロッパではシャルル・ペローの昔話集の「灰かぶり」以来、もっとも有名な昔話の一つである。中国には段成式(だんせいしき)(863没)の『酉陽雑俎(ゆうようざっそ)続集』に「シンデレラ」の典型的な類話がみえている。これは中国広西省に住むチワン族の昔話の記録で、いまもよく似た話が伝わっている。継娘の靴を手に入れた人が靴を手掛りに娘を探し出すという趣向も共通している。この部分は日本ではあまり明確に説かれていないが、ヨーロッパでは印象的な要素になっている。「糠福米福」は継子と実子の名前で、東北、中部地方では、この系統の糠と米を一対にした名が多い。継子には糠の団子を、実子には米の団子を持たせたので、この名があるという伝えもある。[小島瓔

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糠福米福の関連キーワード継子話継子先妻継子扱い継子根性継子算継子立て継子の尻拭継子物継子苛め

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone