コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸賀一雄 いとが かずお

6件 の用語解説(糸賀一雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

糸賀一雄 いとが-かずお

1914-1968 昭和時代の社会福祉家。
大正3年3月29日生まれ。滋賀県の厚生課長などをつとめる。昭和21年田村一二らの協力をえて,戦災孤児知的障害児のための近江(おうみ)学園を創設,他県に先がけて公的教育をおこなう。のち重度心身障害児のためのびわこ学園なども開設。「この子らを世の光に」の主張と実践は,戦後の障害者教育の指針となった。昭和43年9月18日死去。54歳。鳥取県出身。京都帝大卒。著作に「福祉の思想」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

糸賀一雄

戦後の混乱期だった1946年、知的障害児や戦災孤児らを集めた近江学園を大津市に創設(後に湖南市に移転)。63年には大津市に西日本初の重症心身障害児入所施設「びわこ学園」も開いた。同情やあわれみから障害児に「世の光」を当てるのではなく、生まれながら持っている発達の権利を保障する必要性を訴えた。60年の精神薄弱者福祉吠後の知的障害者福祉頬制定に力を注ぐなど、日本の障害者福祉を切り開いた。

(2013-10-02 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

糸賀一雄【いとがかずお】

第2次世界大戦後の障害者教育,福祉の先駆者。鳥取県出身。クリスチャンで,京都大学文学部哲学科卒。戦前は滋賀県庁勤務。1946年大津市に戦災孤児・浮浪児および精神遅滞児を収容する近江学園,1963年重症心身障害児療育施設のびわこ学園を創設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いとがかずお【糸賀一雄】

1914‐68(大正3‐昭和43)
〈発達保障〉の理念に基づく障害者福祉・教育の首唱者。第2次大戦後の日本の社会福祉・障害者教育の発展に先駆的役割を果たした。鳥取市に生まれ,松江高校時代にキリスト教に入信。京都大学で宗教哲学を専攻。1939年から滋賀県庁に勤務,行政家として活躍。46年,大津市に戦災孤児・浮浪児と精神遅滞児の収容施設近江学園を創設,園長となる。以後,54歳で急逝するまで,(1)教育・保護・生産・医療・研究等の諸機能をもつ総合的施設づくりによる発達の総合的追究,(2)園内教育の学校教育法による公教育としての位置づけ,(3)関連成人施設(信楽寮ほか)や重症心身障害児療育施設(びわこ学園)の創出による社会福祉施設体系の開拓,(4)地域の保健・医療機関と提携しての乳幼児健診活動の推進などに力を尽くす

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いとがかずお【糸賀一雄】

1914~1968) 教育家。鳥取県生まれ。京大卒。知的障害児の福祉と教育に尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糸賀一雄
いとがかずお
(1914―1968)

知的障害児教育の実践家。鳥取市に生まれる。京都帝国大学文学部哲学科卒業。滋賀県庁に勤める。1946年(昭和21)県立近江(おうみ)学園を設立、1963年にはびわ湖学園の創設に努力、知的障害児の福祉と教育に指導的、開拓者的役割を果たした。きわめてユニークな心身障害児への養護、教育観をもち、「この子らを世の光に」という訴えは、障害児を中心に据える教育観として、またその宗教思想と福祉についての深い造詣(ぞうけい)とあわせて、強い影響力をもった。『福祉の思想』『この子らを世の光に』などの著作があり、著作集も刊行されている。1963年朝日賞受賞。[小倉襄二]
『『福祉の思想』(1968・NHK出版) ▽『糸賀一雄著作集』(1982、1983・NHK出版) ▽『この子らを世の光に』(1990・柏樹社/復刊・2003・NHK出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糸賀一雄の関連キーワード社会福祉施設福祉六法空襲被害者の補償重度障害者福祉手当障害者福祉運動心身障害者福祉心身障害者福祉協会身体障害者福祉身体障害者福祉工場精神薄弱者福祉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

糸賀一雄の関連情報