糺の森(読み)タダスノモリ

デジタル大辞泉の解説

ただす‐の‐もり【糺の森】

京都市左京区の賀茂御祖(かもみおや)神社内の森。賀茂川高野川合流点にある。和歌で「質(ただ)す」に掛けて用いられることが多い。[歌枕
「偽りを―のゆふだすきかけつつちかへ我をおもはば」〈新古今・恋三〉
高城修三の短編小説、およびそれを表題作とする小説集。昭和59年(1984)刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糺の森
ただすのもり

京都市左京区の南西部にある賀茂御祖(かもみおや)神社(下鴨(しもがも)神社)の境内の森をいう。シイ、ケヤキ、エノキなどの広葉樹が多い。賀茂川と高野(たかの)川の合流点に位置するため、一帯を只洲(ただす)と称したのが地名の起源と伝えられる。また平安時代は潔斎の場で、「糺」は偽りを正す意味にも解されて「偽りを糺の森の木綿襷(ゆふたすき)かけつつ誓へわれを思はば」(『新古今集』)のように古歌に詠まれている。また森を流れる「瀬見(せみ)の小川」は地下水の湧出(ゆうしゅつ)する清流で、歌枕(うたまくら)として知られる。[織田武雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糺の森の関連情報