コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糺の森 タダスノモリ

2件 の用語解説(糺の森の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ただす‐の‐もり【糺の森】

京都市左京区の賀茂御祖(かもみおや)神社内の森。賀茂川高野川の合流点にある。和歌で「質(ただ)す」に掛けて用いられることが多い。[歌枕]
「偽りを―のゆふだすきかけつつちかへ我をおもはば」〈新古今・恋三〉
高城修三短編小説、およびそれを表題作とする小説集。昭和59年(1984)刊行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

糺の森
ただすのもり

京都市左京区の南西部にある賀茂御祖(かもみおや)神社(下鴨(しもがも)神社)の境内の森をいう。シイ、ケヤキ、エノキなどの広葉樹が多い。賀茂川と高野(たかの)川の合流点に位置するため、一帯を只洲(ただす)と称したのが地名の起源と伝えられる。また平安時代は潔斎の場で、「糺」は偽りを正す意味にも解されて「偽りを糺の森の木綿襷(ゆふたすき)かけつつ誓へわれを思はば」(『新古今集』)のように古歌に詠まれている。また森を流れる「瀬見(せみ)の小川」は地下水の湧出(ゆうしゅつ)する清流で、歌枕(うたまくら)として知られる。[織田武雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糺の森の関連キーワード賀茂賀茂神社鴨祐之賀茂御祖神社下鴨下鴨神社貴船川黒谷糺の神玉依日売

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

糺の森の関連情報