コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅槍会 こうそうかい Hong-qiang-hui; Hung-ch`iang-hui

4件 の用語解説(紅槍会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅槍会
こうそうかい
Hong-qiang-hui; Hung-ch`iang-hui

中国,民国初期以来,華北の農村地域で組織された民間の自衛的な武装団体。武器として所持する槍に紅色の房を付したことからこの名がある。特に 1920~30年代において活発で,ほかに黄槍会,白槍会,黒槍会,緑槍会など多くの組織もみられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうそう‐かい〔コウサウクワイ〕【紅槍会】

《赤いふさのついた槍(やり)を武器にしたところから》中国で、辛亥(しんがい)革命以降、軍閥の圧迫などに対して華北の農村などで組織された、保守的・排他的な武装自衛団体。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうそうかい【紅槍会 Hóng qiāng huì】

中国近代の非合法の郷村自衛組織。黒槍会などの同質異名の組織は数多いが,紅槍会はそれらの代表的なもの。1910年代後半に山東,河南省境地方より起こり,華北一帯に広がった。義和団に淵源するとされ,宗教的信仰と〈槍弾不入(弾に当たらぬ)〉に象徴される迷信とを精神的紐帯とする点で特色がある。装備の劣勢を迷信に基づく精神的高揚により補ったわけである。軍閥混戦の時代はもちろん,抗日戦争期にも八路軍のもとで活躍し,解放とともにその歴史的使命を終えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうそうかい【紅槍会】

中国で清末以降、華北農村で軍閥の搾取などに備えて組織された農民の自衛武装団。抗日戦争中に八路軍などに吸収された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紅槍会の関連キーワード青幇地下組織非合法非合法運動諜報戦フロント組織市古宙三波多野善大黒槍会《八月の郷村》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone