素山貝塚(読み)そやまかいづか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮城県遠田(とおだ)郡美里(みさと)町素山にある縄文時代早期の貝塚。江合(えあい)川と鳴瀬川の流域に挟まれ、沖積平野の中に島状に存在する丘陵台地の南斜面に立地する。鳴瀬川の河口から約25キロメートル上流にあるが、ハマグリ、アカニシ、マガキなどの鹹水(かんすい)産の貝殻からなるので、当時はこの付近まで海が入っていたことがわかる。1938年(昭和13)に東北帝国大学の伊東信雄が発掘調査を行い、貝層から出土した条痕文(じょうこんもん)系の土器を素山上層(素山2)式(関東の茅山(かやま)式に併行)、貝層下から出土したものを素山下層(素山1)式(関東の田戸(たど)下層式に併行)と命名し、東北地方南部の縄文早期の土器型式の標式資料とした。

[藤沼邦彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android