コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東信雄 いとうのぶお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊東信雄
いとうのぶお

[生]1908.3.17. 仙台
[没]1987.4.1. 仙台
考古学者。 1931年東北大学文学部卒業。 57年同大学教授。東北地方考古学の発展に尽力し東北の考古学の父と呼ばれる。稲作農耕の弥生時代における東北地方への定着を明らかにする研究を続けた。仙台周辺の弥生時代の遺跡をはじめ,東北地方の代表的な遺跡の発掘調査を多く手がけ,会津大塚山古墳陸奥国分寺跡多賀城跡などの調査で直接指揮をとった。また仙台城の調査も行なっている。著書に『仙台郷土史の研究』 (1979) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東信雄 いとう-のぶお

1908-1987 昭和時代の考古学者。
明治41年3月17日生まれ。二高教授をへて,昭和26年東北大教授。陸奥(むつ)国分寺跡,多賀城跡などを発掘調査。青森県垂柳(たれやなぎ)遺跡の調査では,弥生時代に東北地方で稲作がおこなわれていたことを証明した。昭和62年4月10日死去。79歳。宮城県出身。東北帝大卒。著作に「古代東北発掘」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊東信雄の関連キーワード黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者国木田独歩名古屋(市)監獄法新聞小説新興市場

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone