コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫の一本 むらさきのひともと

大辞林 第三版の解説

むらさきのひともと【紫の一本】

江戸時代の地誌。二巻。戸田茂睡作。1683年成立。江戸の名所旧跡を山・坂・川・池などに分類し、遁世とんせい者と侍の二人が訪ね歩くという趣向で記述したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

むらさきのひともと【紫の一本】

戸田茂睡による地誌。天和2年(1682)成立。侍の陶々斎と遁世者の遺佚が訪ね歩く物語という趣向で、江戸の名所旧跡を紹介するもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

紫の一本の関連キーワード江戸時代縁の色遁世

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android