コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百万塔 ひゃくまんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百万塔
ひゃくまんとう

称徳天皇が,天平宝字8 (764) 年に藤原仲麻呂の乱平定ののちに弘願を発して製作した 100万基の小塔。宝亀1 (770) 年に完成し,近畿の十大寺に分置されたが,法隆寺の分のみが伝存している。総高約 21cmの木製,ろくろびき,円形の三重小塔で,胡粉が塗られている。塔身と相輪に分れ,塔身には陀羅尼経が納められているが,これは製作年代の明らかなものでは世界最古の印刷物である。なお後世,作善 (さぜん) のため,この塔を模倣して造立した例もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひゃくまん‐とう〔‐タフ〕【百万塔】

天平宝字8年(764)の藤原仲麻呂の乱後、鎮護国家および滅罪のため称徳天皇発願により、南都十大寺に納められた百万基の木製の供養塔。高さ約23センチ。轆轤(ろくろ)細工で作られ、中に納められた陀羅尼は世界最古の印刷物として有名。現在、法隆寺に4万余基が伝存する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひゃくまんとう【百万塔】

奈良時代に作られた轆轤(ろくろ)びき木製三重小塔で,塔身部に〈陀羅尼経(だらにきよう)〉を納めている。相輪部と塔身部に分かれ,それぞれ一木を用いて削り出す。大きさは個体によって異なるが,標準的なもので総高21.4cm,基底部径10.5cm,塔身部のみの高さは13.4cmある。塔身部の軸部上端を筒状にえぐり,ここに〈陀羅尼経〉を納め,上から相輪部をはめこむ。基底部裏面,屋蓋上面,相輪部基底部に年月日や人名の墨書がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひゃくまんとう【百万塔】

称徳天皇が国家の安泰を祈って南都十大寺に一〇万基ずつ寄進した木製の小塔。764年の恵美押勝の乱の死者供養のため、770年に完成。轆轤ろくろ細工で、大小三種あり、胡粉ごふんなどで彩色する。中に陀羅尼一巻をおさめた。現在、法隆寺に四万余基が伝わる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の百万塔の言及

【法隆寺】より

… 奈良時代には庭儀法要のさまをほうふつとさせる伎楽面,舞楽面,響銅(さはり)の金銅鉢,水瓶,また錫杖,柄香炉などの法具がある。百万塔はろくろ仕上げによる木製塔だが,恵美押勝の乱(764)鎮定後,十大寺に10万基ずつ分置されたもので,法隆寺のみに残った。最古の印刷物である陀羅尼を納め,塔にも工人名などを記す墨書がある。…

※「百万塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百万塔の関連キーワード奈良時代(年表)元興寺小塔院跡百万塔陀羅尼南都七大寺紙の博物館江戸繁昌記恵美押勝奈良時代木版印刷百万陀羅仏国寺蔡倫泥塔版経出版書籍刊本和紙

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百万塔の関連情報