コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫雲寺[町] しうんじ

百科事典マイペディアの解説

紫雲寺[町]【しうんじ】

新潟県北部,日本海に面する北蒲原(きたかんばら)郡の旧町。大部分はかつての紫雲寺潟干拓地で,越後平野の米作中心地であるが,近年は葉タバコ,球根,蔬菜も産し,畜産も行う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しうんじ【紫雲寺[町]】

新潟県北部,北蒲原郡の町。人口8157(1995)。越後平野北部にあり,日本海に面する。加治川分水東岸の砂丘地帯と紫雲寺潟干拓地からなる。紫雲寺潟は東西8km,南北4kmの,蒲原低湿地中最大の潟湖であったが,1728年(享保13)から8年かけて,初めは竹前権兵衛,小八郎,その後は幕府の直轄事業で加治川の瀬替えによる干拓が行われ,広大な水田地帯となった。低湿地にあるためたびたび水害に見舞われたが,1914年には水害防止用に砂丘を切り開いて加治川分水が完成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android