コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫雲寺[町] しうんじ

2件 の用語解説(紫雲寺[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

紫雲寺[町]【しうんじ】

新潟県北部,日本海に面する北蒲原(きたかんばら)郡の旧町。大部分はかつての紫雲寺潟の干拓地で,越後平野の米作中心地であるが,近年は葉タバコ,球根,蔬菜も産し,畜産も行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しうんじ【紫雲寺[町]】

新潟県北部,北蒲原郡の町。人口8157(1995)。越後平野北部にあり,日本海に面する。加治川分水東岸の砂丘地帯と紫雲寺潟干拓地からなる。紫雲寺潟は東西8km,南北4kmの,蒲原低湿地中最大の潟湖であったが,1728年(享保13)から8年かけて,初めは竹前権兵衛,小八郎,その後は幕府の直轄事業で加治川の瀬替えによる干拓が行われ,広大な水田地帯となった。低湿地にあるためたびたび水害に見舞われたが,1914年には水害防止用に砂丘を切り開いて加治川分水が完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

紫雲寺[町]の関連キーワード黒崎新潟地震弥彦神社栗原下越阿賀の里スピーディア加藤順蔵田辺小兵衛三好愛吉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone